ディーラーで新古車(未使用車)を値引きする方法とお得に購入するやり方を紹介!

こんにちは!

新車みたいにキレイで、すでに必要最低限のオプションも付いているのに、新車より安い新古車(未使用車)。

安い新古車(未使用車)をさらに値引きできれば…家計にもあまり響かず、少しでも節約できる!これは嬉しい!

しかも新車同等!

でも、ディーラーで新古車(未使用車)はどうやって値引きするのが効果的なのでしょうか?

実際いくらぐらい値引きできるのか?気になりますよね。

実は新古車(未使用車)は新車と同じようには値引きできません。

え?じゃあどうすれば…?

ってことで、今回は、

ディーラーで新古車(未使用車)を値引きする方法とお得に購入するやり方を紹介!

についてまとめてみました。

下には新古車(未使用車)の値引き相場やもっと簡単に安く欲しい新古車(未使用車)を購入する方法なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【新古車(未使用車)をディーラーより安くお得に購入する方法】

結論から言うと、ディーラーで新古車(未使用車)の値引きはほぼ無いようなものと考えてください。

ガッカリするかもしれませんが、ディーラーよりもっとお得に安く新古車(未使用車)購入する方法があるのを知っていますか?

それは「なびくる+」や「クルマコネクト」で「希望の新古車(未使用車)を探してもらう」という方法。これらは、あの大手中古車販売店ガリバーが提供しているサービスです。

実は新古車はディーラーより中古車販売店のほうが確実に値引き額は高くなります。

そこで予算や希望車種を元に、「未公開車両」や全国から車を探すことのできる「なびくる+」や「クルマコネクト」に車探しをお願いしましょう。

ディーラーの強みである保証関係もガリバーのサービスならカバーできます。

特に新古車(未使用車)は人気な割に球数が少ないため、近場で妥協して買うより一般に公開していない車や全国から手っ取り早く探してきてもらいましょう!

→欲しい車が決まっていて早く欲しい場合は「なびくる+

→電話は苦手で、まだじっくり探したいなら「クルマコネクト」にチャットする!

スポンサーリンク

大前提!新古車(未使用車)は中古車です!

まず大前提として新古車は大きく分けると中古車です!

新車同等なんじゃないの?と思う人も多いかもしれませんが、ちょっと違います。

その違いを簡単に紹介しますね。

新車と新古車(未使用車)の違い

新車と新古車の違いは、

ナンバーをつけている(登録している)車かどうか?

という点です。

仮に1㎞も走ってなくて、新車同等でもナンバープレートを付けて、車道を走れる状態にしてしまうとその車は中古車扱いとなります。

つまり、新車同等の車で中古車扱い=新古車。

ただし、「新古車」という呼び名は消費者に新車という誤解を与えるということで、企業では使用できなくなりました。

現在は一般にも未使用車という呼び方が定着しつつありますね。

新車と新古車(未使用車)の値引きには大きな違いがある!

新車と新古車では、値引きに大きな差が出ます。

値引き額だけでいうと断然新車のほうが大きい!

金額で10万~20万近く差が出ます。

結論から言うと、新古車の値引き額はせいぜい1~2万程度。

あとは今付いていないオプションなどを付ける上で数万の値引きが見込めるかどうか…って感じ。

合計5万程度行けば上出来とおもってください。

これはディーラーの営業マンさんにも話を聞いた結果です。

では、新車と新古車では値引き額はどれほど違うのか見てみましょう。

【例:2019年に筆者の家で購入したスズキ・クロスビー】

注文書が青っぽかったのでちょっと黒く写って見えにくくなっていますがスミマセン。

筆者の家族が2019年2月に購入したクロスビー。

値引き額は18万でした。

ただ、車両本体価格も210万なので結局オプションなどを付けて総額は約250万になりましたね。

一方、一般的にネットでも出ている新古車は以下のような値段となっていました。

こちらは中古車で一般的なグーネットで探した結果です。

今回筆者家が買った同じカラーのクロスビーとの比較です。

走行距離は5㎞。

車体価格がすでに179万…この時点で31万円の差が出ます。

さらに支払総額は193万。(車体価格+諸費用※輸送料は含まない)

新車と新古車では値引きしなくても57万もの差があるんですね。

欲しい新古車をgoo-net(グーネット)で探して見積もりをとるならこちら!

これ見ると、なぜ筆者の家族は新古車にしなかったのか?と筆者はつくづく思います…。(笑)

ディーラーで新古車を買うと、ここから1~2万程度値引きしてもらうって感じです。

ちなみに、ディーラーさんの話しによると、最近の新古車は最低限のオプションは付いているものの、カーナビなどは外してあるものが多いということなので、必要オプションは全て付いているものを探すことをおすすめします。

ディーラーは大きく分けて2種類

今回はディーラーで新古車を値引きする方法についてですが、ディーラーにも大きく分けて、

  • 新車ディーラー
  • 中古車ディーラー

の2種類があります。

新車ディーラー

ディーラーとは基本的に特定のメーカーの車を販売する特約店契約を結んだお店のことを指します。

トヨタなら、トヨタディーラー、トヨペット、などがそれにあたりますね。

その中でも新車のみを扱うお店が一般的に新車ディーラーと呼ばれます。

中古車ディーラー

ディーラーの中でも、下取りした中古車や新古車を扱うお店を見たことがあるかと思います。

こちらが一般的に中古車ディーラーなどと呼ばれるお店です。

正式にはディーラー系中古車販売店といいます。

中古車ディーラーは特定のメーカーの中古車だけでなく、下取りしたその他のメーカーの中古車も扱っているのが特徴。

「ディーラーで新古車(未使用車)を買う」となると、この中古車ディーラーで購入することになります。

ディーラーで新古車(未使用車)を値引きする方法と4つのポイント

いよいよディーラーで新古車を値引きする方法について紹介します。

ディーラーで新古車(未使用車)を値引きする方法

ディーラーで新古車を買うと値引きは期待できないとは言いましたが、できるだけ値引きをして欲しいですよね!

値引き最高額を引き出すためには以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 下取りの車がある場合は最高査定額を知っておく
  2. 在庫になっている・なりそうな新古車が狙い目
  3. 車体本体ではなくオプションから値引きしてもらう
  4. 「安くしてくれれば今日決めます!」「◯月までには買い替えます」

1つずつ解説していきます。

ポイント1:下取りの車がある場合は最高査定額を知っておく

自分が今持っている愛車を下取りに出す場合、その最高査定額を把握しておきましょう。

上でも書いた通り、新古車は大幅な値引きは無いと考えてください。

ならどこで出費を抑えるか?

自分の今の車を下取りに出すとき、その下取り価格をできるだけ上げてもらいましょう!

そのために必要なのは、愛車の一番高い査定価格を知っておくこと。

実際筆者は上で紹介した家族のクロスビーを買うとき、今あるトヨタ・サクシード(走行距離21,000㎞)を最寄りの一般中古車店1件、近くのスズキディーラー、トヨタディーラー、一括査定サイトズバット車買取比較で査定しまくりました。

査定のときの画像↓

新古車(未使用車)をディーラーで値引きする方法

寒い雨の中結構大変だった。

結果、

  • 1位 ズバット車買取比較 100万
  • 2位 一般中古車販売店、スズキディーラー 90万
  • 3位 トヨタディーラー 70万

という結果に。

めんどくさがらず最初からズバットに申し込むべきだった…。

この結果を後日もう一度トヨタディーラーに提示したところ、一気に20万プラスして90万の下取り価格を提示してきました。

その代り自分のとろこで紹介したスズキディーラーで買って、メンテナンスをやらせてくれって話でしたけど(笑)

つまり、10万単位の値引きは難しい新古車でも、ディーラーで今ある車をできるだけ高く買い取ってもらうことで、最低限ふところを傷めず新古車を購入できる!ということです。

まずはとにかく今の車の査定額の上限を知りましょう!

ズバット車買取比較公式サイト

ポイント2:在庫になっている・なりそうな新古車(未使用車)が狙い目

ポイント2は在庫になっている、またはなりそうな新古車が値引きの狙い目!という点。

一般的に人気の低い車や長期間試乗車として店に置いてあるような車は多少値引きに期待できます。

長い間試乗車として使われ、走行距離が多い車(1,000㎞以上)なら10万~15万程度は望める可能性も。

走行距離は1,000㎞以上でもディーラーでメンテナンスのしっかりしてある車なので、そのへんの中古車よりはかなり良い買い物ですよね。

ポイント3:車体本体ではなくオプションから値引きしてもらう

ポイント3、車体価格ではなく、オプション類からの値引きを交渉してみる。

上でチラッと書いていますが、ディーラーで売っている最近の新古車はカーナビなどのオプションは抜いてあります。

これらをディーラーで一緒に買う変わりにその金額からも値引きしてもらおうというものです。

実際に中古車ディーラーの営業マンさんに値引きについて聞いてきました。

新古車をディーラーで値引きする方法

筆者:この車って買うとなると値引きっていくらしてくれますか?

ディーラー:あー…基本的に未使用車(新古車)は値引きは行っていないんですよ~。

筆者:え?じゃあ全く安くしてくれないってことですか?

ディーラー:んー…まぁ頑張って2万…んー…あとは、カーナビやオーディオなどを一緒に付けさせてもらえればその価格を少し割り引くことはできますが…

車体以外の値引きも多少は可能ということがわかりました。

ただし、オーディオやカーナビならディーラーで買うよりオートバックスなどの量販店で購入したほうが安い場合もあるので、そのあたりはかかる手間や時間を考慮してどうするか選んでください。

ポイント4:「安くしてくれれば今日決めます!」「◯月までには買い替えます」

ポイント4は「安くしてくれれば今日決めます!」という意思をしっかりとディーラー側に伝えることです。

または、「◯月が車検なのでそれまでに必ず買い替えます」とかでもOK。

これはディーラーではなく、通常の中古車店などでも有効です。

営業マンは成績やノルマのためにもできるだけその場で成約させたいので、どうにかお客さんがその場で納得してくれるよう頑張ろうと勤めます。

つまり、値引きもゼロだったのが数万にアップする確率が高くなるのです。

値引きが簡単になる時期は年4回&月末!

次に値引きの難しい新古車でも値引きが簡単になる時期を紹介します。

それが以下の年4回&月末です。

  • 夏(7月や8月)のボーナス時期
  • 半期決算(または本決算)の9月
  • 年末年始12月、1月セール
  • 本決算(または半期決算)の3月
  • 毎月の月末

決算やボーナスなどのイベント時期を狙う!

決算時期やボーナス時期、年末年始にディーラーからセールやイベントのチラシやハガキが届いたことはありませんか?

また、年末年始、決算時期は大々的にテレビやラジオでもセールやイベントのCMを流しますよね。

この時期はどこのディーラーでも車販売に力を入れ、通常の目標やノルマとは別にその期間だけのノルマや目標が設定されることもあります。

営業マンは1台でも多く成績を上げたい!

つまり、この年4回の決算やイベント時期を狙って新古車の値引き交渉をすると1万でも多く値引きできる可能性が高くなるということです。

月末を狙え!

車検などの都合で、決算期やイベント時期まで待てない!という人は月末を狙って行ってください。

毎月の目標やノルマが決まっているディーラーは、毎月十分に売上を上げているディーラーでないかぎり、月末は目標達成するために1台でも多く売ろうと必死になります。

そこで、

「あと数万値引きして、このオプションを付けてくれれば今日決めるんだけどなぁ~」

に対して、営業マンはできるだけ頑張ってくれるでしょう。

ただし、あまり無理を言うと嫌がられ、せっかくの新古車が買えなくなってしまう可能性も。

新古車はほぼ値引きが無いのが普通と考え、3万程度を目標に値引きするのがおすすめです。

新古車(未使用車)を買う時にかかる本体代以外の安くできる諸費用は?

新古車や中古車を購入する場合には、新車購入時の諸費用と少し違う部分があります。

ちゃんとした中古車ディーラーではほとんどありませんが、そのへんの一般的な中古車販売店では本来諸費用として加算されない費用を諸費用としてぼったくろうとする業者もたま~にいるので注意してくださいね。

自分でやると安くできる諸費用

種類 内容 安くする方法
納車費用 納車時に自宅に配送してもらう費用。 ディーラー取りに行くことで無しにできる。
車庫証明代行費用 車庫証明を取りに行ってもらう費用。 自分で警察に取りに行くことができる。

税金・諸経費に含まれることのない費用!含まれていたらぼったくり!

種類 内容
自動車重量税 新古車(未使用車)の場合支払う必要無し。車検を通した人が支払う税金であり、中古車販売店では請求しないのが通例。

請求されたらその販売店は怪しいので即購入を断りましょう。

軽自動車税 初年度は翌4月までかからいない。
納車時の点検費用 通常諸経費には含まれない。

何の説明も無く諸経費に含まれていたらNG。

クリーニング費用
陸送料・輸送料

もし新古車(未使用車)を遠方から取り寄せる場合は「ディーラーで新古車(未使用車)を取り寄せるときにかかる費用と陸送費・輸送費を安く簡単に購入する方法」も参考にしてください。

新古車(未使用車)を最も安く簡単に購入するやり方を紹介!

ここまでディーラーで値引きしてもらう方法や少しでも安くお得に新古車を購入する方法を紹介してきましたが、結局ディーラーでは頑張っても値引き額1~3万前後だと思ってください。

しかも新古車は基本的に人気が高いため、良いモノからすぐに売れてしまいます。

古車ディーラーで欲しい車種にたどり着くのは大変!

意外と時間や手間がかかります。

じゃあどうすれば、早く、安く、お得に、しかもできるだけ自分の希望に合った新古車を買うことができるのか?

その答えは、中古車検索専門のサービスに探してもらう方法です。

最近では、欲しい車の特徴や予算を言うだけであとはそれにピッタリな車を探してきてくれるサービスがいろいろあります。

非常に効率がよく、おすすめなので一度試してみてください。

その中でも、特におすすめなのが「なびくる+」と「クルマコネクト」です。

この2つは大手中古車販売店ガリバーが運営しているサービス。

ここに来てメジャーなガリバーかい!!って思うかもしれませんが、長年自動車業界にいた筆者がこれは便利!と思ったサービスなのでその理由も含めて紹介しておきます。

ちなみに、

電話でぱぱっと条件を提示して早く車を見つけて欲しい人はなびくる+

無料チャットのみでゆっくり自分に合う車を探したい人はクルマコネクト

がおすすめです。

新古車(未使用車)探しに「なびくる+」「クルマコネクト」がおすすめな理由5つ

新古車を探すなら「なびくる+」、「クルマコネクト」をおすすめする理由は大きく4つあります。

  • 希望の新古車(未使用車)が見つかる可能性大!
  • 公開前在庫(未公開車)からも探してもらえる
  • 値引きが期待できる
  • 保証も充実!返品可能!

希望の新古車(未使用車)が見つかる可能性大!

上でも書いていますが、新古車は非常に人気が高い!

それなのに球数は少ない。

つまり、希望通りの新古車を自分が行ける範囲のディーラーや中古車販売店で探し出すのは至難の業。

ですが、「なびくる+」や「クルマコネクト」の提供会社ガリバーは毎日約500台の新古車や中古車を仕入れているため、そのネットワークにより希望通りのお得な新古車を全国から見つけられる可能性が非常に高いんです。

また、今日探して良い車が無くても、明日、明後日、来週と常に新しい商品が続々入荷するため、さらにお目当てが見つかる可能性がアップします。

ディーラーでは絶対こうはいきませんよね。

公開前在庫(未公開車両)からも探してもらえる

市場(店頭やネット)に出回っている中古車・新古車情報って実は市場全体のほんの一部でほとんどは未公開車両です。

その理由は中古車にかかる手続きやメンテナンスに時間が必要だから。中古車市場では、書類手続きやメンテナンスに手間がかかるため、その間は車の情報を公開できません。

また、本当に良い車は市場に出る前に売れてしまうので一般にはあまり出てきてくれません。

さらに、車業界関係者のみが観覧、参加できる業者向けオークションなどもあります。

「なびくる+」や「クルマコネクト」は、そんな未公開車両やオークションからもユーザーが希望している価格や車種の車を探し出してきてくれます。

ただし、公開前在庫(未公開車両)から探してきた車はまだ未公開ということもあり、電話やチャットだけでは最低限の情報しか教えてもらえません。

最終的にはガリバーの店舗に出向いてい車の情報を教えてもらいます。

結局店舗に行かないといけない…と、聞くと一見デメリットのように見えるこのシステムですが、新古車を探す上ではこれはあまりデメリットにならないですよね。

なぜなら新古車は新車同等なので、キズや汚れ、メンテナンス状況はほぼ心配ありません。

つまり車種・オプション・価格さえ希望と一致すれば決めてしまえるということです。

保証も充実!返品可能!

もしも車を買ってからすぐに不具合が出てしまったら?

新古車でも中古車でも、絶対に不具合が出ないとは言い切れません。

ガリバーは車を納車した後も、重要な部品に最長10年の保証を付けることができます。

また、納車後100日以内なら返品も可能。(※輸入車は30日以内)

「試乗したときは良く感じたけど、実際買ってみると思っていたものとは違った」「損したくない」という希望を叶えてくれる嬉しいサービスです。

電話が苦手な人必見!チャットのみでも車探し可能!

上で紹介した「なびくる+」や「クルマコネクト」。

どちらもガリバーが提供しているサービスですが、

なびくる+」は電話でヒアリングをして手っ取り早く車を探してくれる。

クルマコネクト」は電話はこちらが納得するまで一切かからず、チャットのみで車を探してくれる。

という大きな違いがあります。

基本的に、無料で希望の車を探してくれるという内容は変わらないため、ある程度欲しい車種や希望価格が決まっている人は「なびくる+」でぱぱっとさがしてもらうのが手っ取り早いですね。

ですが、

  • 電話は苦手だ!
  • まだぼんやりしか欲しい車が決まっていない
  • ゆっくり自分のペースで探したい!

って人はオペレーターと「クルマコネクト」でチャットのみで探せます!

チャットなら電話のように時間や場所、無理な勧誘が無いかも気にせず安心して探してもらえます。

クルマコネクトがどんなサービスかもっと知りたい人は、「【ガリバーのクルマコネクト】評判や口コミを徹底調査!ウザい電話が無いのかも検証してみた」で詳しく紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「ディーラーで新古車(未使用車)を値引きする方法とお得に購入するやり方を紹介!」をまとめました。

ディーラーで値引きしてもらう方法として、以下の4つがあります。

  1. 下取りの車がある場合は最高査定額を知っておく
  2. 在庫になっている・なりそうな新古車が狙い目
  3. 車体本体ではなくオプションから値引きしてもらう
  4. 「安くしてくれれば今日決めます!」「◯月までには買い替えます」

また、値引きしやすくなる時期も抑えておきましょう!

  • 夏(7月や8月)のボーナス時期
  • 半期決算(または本決算)の9月
  • 年末年始12月、1月セール
  • 本決算(または半期決算)の3月
  • 毎月の月末

ですが、新古車はディーラーではあまり値引きが期待できず、できても1~2万程度。

あとはオプションを新規で付けたときに少し値引きしてくれるくらいです。

なので結論は、新古車(未使用車)はディーラーで買うと損!

では損しない方法は?

それは「なびくる+」や「クルマコネクト」で希望の車を見つけるというもの。

  • 電話が気にならない、ぱぱっと車を見たい人は「なびくる+」!
  • 電話が苦手でマイペースに車を見ていきたい人は無料チャットのみの「クルマコネクト」!

申し込みがめんどくさそうと思うかもしれませんが、申込みも氏名、連絡先、だいたいの車情報4つ程度で簡単、しかも無料で車を探せるサービスなので、気軽に試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク