ミニバンのオールシーズンタイヤでおすすめメーカーは?選び方や価格・性能を比較!

こんにちは!

オールシーズンタイヤは主に欧州が市場のメインでしたが、日本でもだんだんと普及してきました。

特に雪の少ない地域では、スタッドレスよりも安価で履き替えの手間も必要無いオールシーズンを検討している人も多いのではないでしょうか?

でも、オールシーズンタイヤってどこのメーカーから出ているのか?

特にどこのメーカーがおすすめなのか?

ちょっと分かりづらいですよね。

そこで、今回は、ユーザーも多いミニバンのオールシーズンタイヤについて調べてみました。

  • ミニバンのオールシーズンタイヤでおすすめメーカーは?
  • 選び方や価格・性能を比較!

下では、ミニバン用オールシーズンタイヤを日本で発売しているメーカーや、それぞれのメーカーの評価、タイプ別の選び方なども紹介しています。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤってどんなタイヤ?

2016年頃から日本で発売されているオールシーズンタイヤ。

まだまだ登場してからは日が浅いため、日本には浸透していない部分が多いのでは?

と言っている私も実は最近までオールシーズンタイヤがどんなものか詳しく知りませんでした。(笑)

ってことで、私の復習も兼ねて、ここでオールシーズンタイヤってどんなものなのか簡単にご紹介します。

夏用・冬用タイヤとオールシーズンタイヤの違い

日本では雪の降らない季節には夏用ノーマルタイヤ。雪や凍結などで路面が滑りやすくなる季節には冬用スタッドレスタイヤを履くのが一般的です。

しかし、オールシーズンタイヤは夏の乾いた路面や雨の降った路面でも、冬の雪が降った路面でも走行が可能。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの性能を両立させた全天候型タイヤなんです。

これを可能にしたのは、タイヤ自体に特殊なコンパウンド素材を使用しているため。

また、トレッドパターンも通常より排水性を高めたものを採用しています。さらに、ゴム性能も冬の寒さに対応できるよう改良されたものを使用しているなど、多くの改良と改善を加えて作らているんです。

さらに、オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤからサイプ構造(タイヤのトレッド面に刻まれる細かい溝)を省き、ゴム素材を夏用タイヤに近いものを採用したことで、通常路面も積雪路面も問題なく走行できるようになりました。

ちなみに、よく、トヨタのランドクルーザーや三菱のパジェロに標準装着されているタイヤをオールシーズンタイヤと混同する人がいるようですが、あれはオールテレーンタイヤというタイヤです。4輪駆動向けのオールシーズンタイヤタイヤであり、ここで紹介するオールシーズンタイヤとはちょっと違います。

オールシーズンタイヤは本当に雪道走行できるの?

オールシーズンタイヤが気になるけど、一番心配なのは雪道の走行性能ですよね。

結論からいうと、オールシーズンタイヤは、

  • 浅く積もった程度の雪
  • 圧雪路
  • シャーベット上の雪

であれば走行は可能です。

ただし、雪道の走行には細心の注意を払ってください。

オールシーズンタイヤだから雪道も絶対安全!というわけではありませんよ~。

高速道路のチェーン規制に対応しているかどうかも心配ですよね。

詳しく知りたい方はこちらから!

オールシーズンタイヤは高速のチェーン規制に対応してるの?雪道性能をメーカー別に調べてみた!

オールシーズンタイヤは凍結したアイスバーンの走行は難しい!

ここ要注意です。

オールシーズンタイヤは早朝や夜間などによく起こる、ツルッツルのアイスバーンには完全に対応できませんので、そこはしっかり理解しておいてください。また、厚い新雪の場合も坂道などではスリップして登らない可能性があります。

雪や凍結が少ない地域の街中に在住の方ならオールシーズンタイヤでも大丈夫って感じですね。

そのため、オールシーズンタイヤを使用する場合は必ず、タイヤチェーンを一緒に積んでおくことをオススメします。

タイヤチェーンがあれば、スノータイヤより安価で多少のアイスバーンや積雪でもスノータイヤに履き替えずに冬を乗り切ることができます。

昔はタイヤチェーンといえば本当に金属製のチェーンでしたが、今はタイヤも舗装道路もあまり痛めないゴム製のネットが人気ですよ。実際に使ってみましたが、ジャラジャラ絡まらず重くないため、私でも簡単に装着できました。

詳細が気になる人は上の画像をタップすると詳細を見ることができますよ。

非常にわかりやすい雪上性能比較動画を見つけたので載せておきます。

夏用タイヤ、スタットレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ヨーロピアンウィンタータイヤの4つを比較していますよ。

では、ミニバンにおすすめのオールシーズンタイヤを価格や評価、選び方で紹介していきます。

ミニバンのタイヤサイズ

まず一般的に人気と需要の高いミニバンのタイヤサイズを紹介していきます。

タイヤサイズ 適合ミニバン車種例
18インチ 215/45 R 18

225/45 R 18

235/50 R 18

225/55 R 18

ノア

オデッセイ・ヴォクシー

アルファード・ヴェルファイア

デリカ   など

17インチ 215/60 R 17

225/60 R 17

205/50 R 17

215/55 R 17

205/55 R 17

アルファード

アルファード・ヴェルファイア

セレナ

オデッセイ

ステップワゴン    など

16インチ 215/70 R 16

195/60 R 16

205/60 R 16

215/60 R 16

205/65 R 16

215/65 R 16

デリカ

セレナ

ステップワゴン・ヴォクシー

オデッセイ

アルファード

ヴェルファイア   など

15インチ 185/60  R 15

185/65  R 15

195/65  R 15

シエンタ

フリード

エスクァイア・ノア・ヴォクシー・セレナ   など

14インチ 185/70 R 14 フリード   など

国内メーカーのオールシーズンはあるのか?

オールシーズンタイヤを検討する場合、やっぱり信頼のあるブリヂストンやヨコハマタイヤなどを選びたいと考えるかもしれません。

しかし、残念ながら2018年現在、

国内メーカーからオールシーズンタイヤはダンロップファルケンの1メーカーのみ発売されています。

オールシーズンタイヤはもともと、ヨーロッパが主流のため、日本ではまだあまりメジャーになっていないのです。

現段階では、ダンロップファルケンが唯一の国内メーカーオールシーズンタイヤとなります。

ただし、ヨコハマタイヤからは近い将来オールシーズンタイヤが発売されます。

ヨコハマタイヤでお馴染みの横浜ゴムは、2018年3月6日から18日まで開催されたジュネーブショーでオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S」を世界初公開しています。

ヨコハマタイヤから発売されるオールシーズンタイヤ…非常に興味深いですね!

ミニバン対応オールシーズンタイヤを発売しているメーカーは?

まず、ミニバンに対応したオールシーズンタイヤを発売しているのはどこのメーカーなのか、一覧を出してみました。

  • ファルケン
  • ピレリ
  • ミシュラン
  • グッドイヤー
  • MAXXIS

現在日本で流通しているオールシーズンタイヤメーカーは、主に上記の5社となっています。

一番下のMAXXIS(マキシス)は聞き慣れないメーカーかもしれませんが、オートバックスが取り扱っている台湾のメーカーです。

それでは、それぞれの価格帯や評価を見ていきましょう。

ファルケンのオールシーズンタイヤの価格と評価

現在、住友ゴムに吸収合併され、グローバルブランドとして発売されているファルケン。

住友ゴム工業の子会社ということもあり、今回紹介しているオールシーズンタイヤの中では唯一の国内メーカー品です。

ファルケンのオールシーズンタイヤの価格とサイズラインナップ

国内メーカーということあってか、ファルケンのオールシーズンタイヤは、ほぼほぼ国内のミニバンにも適合したサイズラインナップとなっています。

価格もスノータイヤより安めに設定されているため、オールシーズンタイヤを考えている人にはおすすめですよ。

  • EUROWINTER(ユーロウィンター)HS449
  • 1本価格(参考):5,000~30,000円程度(参考)

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ
18インチ
  • 225/45 R 18
  • 235/50 R 18
17インチ
  • 225/45 R 17
  • 215/50 R 17
  • 225/50 R 17
  • 225/55 R 17
  • 215/60 R 17
16インチ
  • 205/55 R 16
  • 195/60 R 16
  • 205/60 R 16
  • 215/60 R 16
  • 215/65 R 16
15インチ
  • 185/60  R 15
  • 175/65  R 15
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15
14インチ
  • 185/60  R 15
  • 175/65  R 15
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15

ファルケンのオールシーズンタイヤの評価

ファルケンの公式サイトなどを元に評価をまとめてみました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★☆☆
新雪 ★★★☆☆
アイスバーン ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★★★
総合評価 ★★★☆☆

ファルケンは標準的なオールシーズンタイヤのイメージ。

乾いた路面、雨などで濡れた路面にはしっかり対応し、雪道、シャーベットでも無理な運転をしない限りグリップしてくれます。

ただし、コーナリングでは横滑りをすることもあるため注意が必要です。

アイスバーンは、平面では発進できますが、坂道ではスリップするため、凍結がひどい場合は、チェーンが必要となります。

ピレリのオールシーズンタイヤの価格と評価

中国発祥、イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカー、ピレリ。

日本では安価で購入しやすいイメージのピレリですが、オールシーズンタイヤはどうなんでしょうか?

ピレリのオールシーズンタイヤの価格とサイズラインナップ

ピレリのオールシーズンタイヤもミニバン装着にはおすすめのタイヤです。

その理由としては、オートバックスが取り扱っているから。

他のオールシーズンタイヤはほとんどが海外メーカーのため、通常注文品だったり、ネットのみの販売となりますが、ピレリはオートバックスが販売しているため比較的手に入りやすいタイヤなんです。

  • CintuRato All Season(チントゥラート オールシーズン)
  • 1本価格(参考):9,000~25,000円程度

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ
17インチ
  • 215/55 R 17
  • 205/50 R 17
  • 225/50 R 17
16インチ
  • 205/55 R 16
  • 195/55 R 16
  • 185/55 R 16
  • 205/55 R 16
  • 205/60 R 16
15インチ
  • 185/55  R 15
  • 165/60  R 15
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15

※サイズラインナップの参考はオートバックスの公式サイトをもとに紹介しています。

15~17インチまでと、少しサイズラインナップが少なめなのが残念ですね。

ピレリのオールシーズンタイヤの評価

ピレリの公式サイトや使用者の口コミなどを元に評価をまとめてみました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★☆☆☆
新雪 ★★★☆☆
アイスバーン ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

アイスバーンや積雪には特に弱いという口コミもあったため、以上の評価となりました。

こちらも、いざという時のためにチェーンを車に常備する必要がありそうです。

ミシュランのオールシーズンタイヤの価格と評価

フランスが本拠地のミシュランタイヤ。

世界的にはグットイヤーを抑えて、世界第2位の実力を持つメーカーです。

三ツ星評価を付けるミシュラン・ガイドでもおなじみですよね。

ミシュランのオールシーズンタイヤの価格とサイズラインナップ

ミシュランのオールシーズンタイヤは現在、ネットまたは、全国のオートバックス/スーパーオートバックスの各店舗でのみ先行発売されています。

  • CROSSCLIMATE SERIES
  • 1本価格(参考):15,000~26,000円程度

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ
17インチ
  • 215/45 R 17
  • 225/45 R 17
  • 215/55 R 17
  • 205/60 R 17
  • 225/65 R 17
16インチ
  • 225/55 R 16
  • 215/55 R 16
  • 205/55 R 16
  • 195/55 R 16
  • 215/60 R 16
  • 205/60 R 16
  • 195/60 R 16
  • 215/65 R 16
15インチ
  • 185/55  R 15
  • 185/60  R 15
  • 175/65  R 15
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15
14インチ
  • 175/65  R 14
  • 165/70  R 14
  • 175/70  R 14

※サイズラインナップの参考はミシュランの公式サイトをもとに紹介しています。

ミシュランのオールシーズンタイヤの評価

ミシュランの公式サイトや使用者の口コミなどを元に評価をまとめてみました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 未定
新雪 未定
アイスバーン 未定
ロードノイズ 未定
総合評価 ★★★☆☆

実はミシュランのオールシーズンタイヤは2018年に日本に上陸し、まだ冬を越していません。

つまり、日本の冬で実際に走行しそんなドライビングを見せてくれるのかは、これからということになるんです。

ということで、評価も大部分を「未定」とさせていただきました。

冒険好きな人は、使ってみるのもアリかもしれませんよ。

ただし、走行は安全運転を心がけてくださいね。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤの価格と評価

グットイヤーといえば、スニーカーに羽の付いたロゴでおなじみのアメリカの大手メーカーです。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤの価格とサイズラインナップ

ブリヂストン、ミシュランと並び世界第3位のグットイヤーから発売されているオールシーズンタイヤがこちら。

  • Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)
  • 1本価格(参考):10,000~25,000円程度

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ
18インチ
  • 225/40 R 18
  • 215/45 R 18
  • 225/45 R 18
  • 235/50 R 18
17インチ
  • 215/45 R 17
  • 225/45 R 17
  • 215/50 R 17
  • 215/55 R 17
  • 225/55 R 17
  • 215/60 R 17
16インチ
  • 195/50 R 16
  • 205/55 R 16
  • 195/55 R 16
  • 175/60 R 16
  • 195/60 R 16
  • 205/60 R 16
  • 215/60 R 16
  • 205/65 R 16
  • 215/65 R 16
15インチ
  • 165/50  R 15
  • 165/55  R 15
  • 185/55  R 15
  • 165/60  R 15
  • 185/60  R 15
  • 195/60  R 15
  • 175/65  R 15
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15
  • 205/65  R 15
  • 205/70  R 15
14インチ
  • 155/55  R 14
  • 165/55  R 14
  • 155/65  R 14
  • 165/65  R 14
  • 175/65  R 14
  • 185/65  R 14
  • 165/70  R 14
  • 175/70  R 14
  • 185/70  R 14
13インチ
  • 155/65  R 13
  • 165/65  R 13
  • 155/70  R 13
  • 145/80  R 13
  • 155/80  R 13

※サイズラインナップの参考はグッドイヤーの公式サイトをもとに紹介しています。

13インチから18インチまで幅広いラインナップは嬉しいですね。

ミニバンの適合サイズもそれなりに揃っています。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤの評価

グッドイヤーの公式サイトや使用者の口コミなどを元に評価をまとめてみました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★☆☆
新雪 ★★★☆☆
アイスバーン ★★★☆☆
ロードノイズ ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

グッドイヤーは雪道やシャーベット状の路面でも、比較的グリップ力が強いとの口コミもあったため、この評価となりました。

また、ロードノイズも気にならないということで、夏も冬も安定した走行が期待できそうです。

MAXXIS(マキシス)のオールシーズンタイヤの価格と評価

MAXXIS(マキシス)は、正新ゴムという台湾の会社が生産しているタイヤメーカーです。

ちょっと聞き慣れないメーカーかもしれませんが、オートバックスが取り扱っているメーカーなんですよ。

MAXXIS(マキシス)のオールシーズンタイヤの価格とサイズラインナップ

もともと欧州向けに開発されていたオールシーズンタイヤですが、日本にも上陸しました。

マキシスのタイヤは現代では多くの自動車メーカーにも認められ、ベンツやフォード、トヨタやホンダ、日産などにも新車用タイヤを供給しています。

今回紹介しているオールシーズンタイヤは、非常に価格が安いのが特徴です。

  • ALL SEASON AP2
  • 1本価格(参考):5,000~10,000円程度

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ
16インチ
  • 205/60 R 16
  • 215/60 R 16
  • 205/55 R 16
15インチ
  • 185/65  R 15
  • 195/65  R 15
14インチ
  • 155/65 R 14
  • 175/65 R 14
13インチ
  • 155/65 R 13

※サイズラインナップの参考はオートバックスの公式サイトをもとに紹介しています。

サイズラインナップが非常に少ないのは残念ですが、ミニバンに履かせるタイヤとしてはすごく安価なため、紹介させてもらいました。

MAXXIS(マキシス)のオールシーズンタイヤの評価

マキシスは口コミや評価がまだ見当たらなかったため、オートバックスの公式サイトを元に評価しました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★★☆
新雪 ★★★☆
アイスバーン ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る限り、バランスの取れたオールシーズンタイヤに感じます。

ただ、実際に使用したユーザーの口コミや評価が無いため、実際に日本で走行した場合には性能や評価が違って感じられるかも知れませんね。

こちらもミシュランと一緒で、今後の評判に期待しましょう。

タイプ別ミニバンのオールシーズンタイヤおすすめメーカーの選び方

上でミニバンにおすすめのオールシーズンタイヤメーカーを紹介しましたが、結局どれを選んでいいか分からない!という方もいると思います。

そこで、タイプ別におすすめのメーカーや選び方を紹介してきます。

【オールシーズンタイヤの選び方】積雪や凍結はほとんど無し!とにかく安いのが嬉しい!

積雪や凍結はほとんど無いけど、年に1、2回は雪が降ることもあるし、オールシーズンタイヤなら心強い。

そしてとにかく安く買えれば嬉しい!

そんな方におすすめのメーカーは、

ファルケンMAXXIS(マキシス)

マキシスはサイズラインナップが少ないため、ちょっと難しいかもしれませんが、オートバックスが取り扱っているため、入手は比較的簡単です。

また、ファルケンもマキシスも価格は非常に安価なため、性能より価格を重視する場合には上記の2つはおすすめです。

【オールシーズンタイヤの選び方】価格も性能もバランスよく選びたいなら!

あまり多い積雪や、凍結はしないけど、ノーマルタイヤで冬を乗り越えるのは無理!

価格も性能もバランスの取れたオールシーズンタイヤを選びたい!

という方には、

ファルケングッドイヤー

がおすすめ。

ファルケンやグッドイヤーは標準的なオールシーズンタイヤの性能で価格も高すぎないため、バランスの取れたオールシーズンタイヤを探している方におすすめのメーカーです。

【オールシーズンタイヤの選び方】できるだけ性能の良いものを選びたいなら!

スタッドレスを買うのも、履き替えるのもできればパスしたいけど、やっぱり雪道は不安!

出来るだけ性能の良いものを選びたい!

という方には、

ファルケン

グッドイヤー

がおすすめ。

グッドイヤーはグリップ力に優れているとの評価もあるため、性能が特に気になる方におすすめです。

その他にミシュラン、ピレリもありますが、ミシュランはまだ情報が少なすぎるため、今回はおすすめとしては上げていません。

また、ピレリは価格も評価も特筆できる部分が無く(笑)残念ながら、こちらもミニバンのオールシーズンタイヤとしてはあまりおすすめしていません。

ただ、絶対的に悪いタイヤというわけではないため、試してみてもいいかもしれませんよ。

まとめ

ミニバンのオールシーズンタイヤでおすすめメーカーは?選び方や価格・性能を比較!

について紹介しました。

ですが、オールシーズンタイヤに限らず、タイヤの評価は誰もが同じではありません。

今回の評価も、公式サイトや口コミなどを総合的にまとめた評価となっているため、参考程度にしてくださいね。

また、オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤではないため、雪上・氷上で必ずグリップするというものではありません。

運転の際は安全運転を心がけてください。

ミニバン対応のオールシーズンタイヤを発売しているメーカーは、

  • ファルケン
  • ピレリ
  • ミシュラン
  • グッドイヤー
  • MAXXIS

の5つ。

ただし、サイズラインナップはそれぞれ異なるため、上の「タイヤサイズラインナップ」を参考に欲しいサイズがあるか確認してください。

とにかく安いミニバンのオールシーズンタイヤが欲しいなら、

ファルケンMAXXIS(マキシス)

価格も性能も両方求めるなら、

ファルケングッドイヤー

できるだけ性能の良いミニバンのオールシーズンタイヤがほしいなら、

グッドイヤー

がおすすめです。

自分の住んでいる地域や、タイプに合わせて適切なオールシーズンタイヤを選んでください。

最後までご覧いただきありがとうございます!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク