軽自動車のオールシーズンタイヤでおすすめは?メーカーと選び方&価格と性能を比較!

こんにちは!

雪の少ない地域では、スタッドレスよりも安価で履き替えの手間も必要無いオールシーズンを検討している人も多いのではないでしょうか?

でも、オールシーズンタイヤってどこのメーカーから出ているのか?

特にどこのメーカーがおすすめなのか?

まだまだメジャーでもないため、ちょっと分かりづらいですよね。

そこで、今回は、ユーザーも多い軽自動車のオールシーズンタイヤについて調べてみました。

  • 軽自動車のオールシーズンタイヤでおすすめは?
  • メーカーと選び方&価格と性能を比較!

下では、軽自動車用オールシーズンタイヤを日本で発売しているメーカーや、おすすめのメーカーの評価、選び方なども紹介しています。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤとノーマル・スタッドレスタイヤの違い

日本では雪の降らない季節にはノーマルタイヤ。雪や凍結などで路面が滑りやすくなる季節にはスタッドレスタイヤを履くのが一般的です。

しかし、オールシーズンタイヤは夏の乾いた路面や雨の降った路面でも、冬の雪が降った路面でも走行が可能。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの性能を両立させた全天候型タイヤなんです。

これを可能にしたのは、タイヤ自体に特殊なコンパウンド素材を使用しているため。

また、トレッドパターンも通常より排水性を高めたものを採用しています。

さらに、ゴム性能も冬の寒さに対応できるよう改良されたものを使用しているなど、多くの改良と改善を加えて作らているんです。

また、オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤからサイプ構造(タイヤのトレッド面に刻まれる細かい溝)を省き、ゴム素材を夏用タイヤに近いものを採用したことで、通常路面も積雪路面も問題なく走行できるようになりました。

ちなみに、よく、トヨタのランドクルーザーや三菱のパジェロに標準装着されているタイヤをオールシーズンタイヤと混同する人がいるようですが、あれはオールテレーンタイヤというタイヤです。

4輪駆動向けのオールシーズンタイヤタイヤであり、ここで紹介するオールシーズンタイヤとはちょっと違います。

オールシーズンタイヤのメリット

オールシーズンタイヤのメリット

オールシーズンタイヤには以下のような大きなメリットがあります!

  • スタッドレスより価格が安い
  • シーズン毎の履き替えの手間が不要
  • 履き替え工賃が不要
  • ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤの保管場所が不要
  • 保管費用が不要

例えば、ステップワゴンやヴォクシーのタイヤサイズ、

205/60R16

これを、ブリヂストンのBLIZZAK VRX2と、ファルケンのEUROWINTER(ユーロウィンター)HS449で価格を比較した場合、

BLIZZAK VRX2:35,856円(1本/税込)

EUROWINTER HS449:16,000円(1本/税込)

なんと、半額近い価格の差があるんです。

ハンコックタイヤのように、海外メーカーのスタッドレスタイヤの場合は10,000円前後で購入もできますが、

  • 履き替えの手間
  • 組み換え脱着工賃
  • 保管場所

などを考えるとやはりオールシーズンタイヤのメリットは大きいですよね。

オールシーズンタイヤのデメリットと注意点

オールシーズンタイヤは上でも紹介した通り、

  • 乾いた路面
  • 濡れた路面
  • 雪の降った路面

で走行可能なとても便利なタイヤです。

しかし、万能ではありません。

  • 雪が厚く積もった路面
  • ツルツルのアイスバーン

オールシーズンタイヤは上記のような路面には、対応できないのが現状です。

もちろん雪上でノーマルタイヤよりはグリップしますが、スタッドレスタイヤよりは安定した走行は難しく、スタックやスリップ、横滑りもあります。

また、以下のようなデメリットもあります。

  • 燃費性能はノーマルタイヤより劣る
  • グリップ性能はそこそこ
  • メーカーやサイズが限られる
  • 積雪、凍結の多い地域ではチェーンが必要

乾いた路面もある程度の雪道にも対応できるよう設計されたタイヤなので、燃費としてはどうしてもノーマルタイヤよりは劣ってしまいます。

また、日本ではまだまだ需要も限られているため、メーカーやタイヤラインナップも選択肢が限られてしまう、などといったデメリットもあります。

全部好いとこ取りしたタイヤというわけではないんですよね。

さらに注意点として、オールシーズンタイヤに限らず、各公式ページ、情報サイト、もちろんこの記事でも紹介している性能や評価も、実際の路面状況や天候、ドライビングにより異なります。

どんなタイヤも、絶対に安全というものはありませんので、運転の際は必ず安全運転を心がけてくださいね。

オールシーズンタイヤを検討している場合は、安全のためにタイヤチェーンも準備しておくことをおすすめします。

チェーンとオールシーズンタイヤを準備しても、夏と冬の履き替え工賃や保管場所が不要なことを考えれば非常に経済的ですよ。

下の画像のようにゴム製でも安めのチェーンもあります。

価格やサイズラインナップなどは下の画像をタップすると確認できます。

オールシーズンタイヤの選び方

オールシーズンタイヤを選ぶ時、何を見て選べばいいのか?

最低限信頼できるオールシーズンタイヤを選ぶためには以下の刻印があるかどうがをチェックしてください。

SNOWM+S

MUD+SNOW

これらのいずれかにプラスして、重要なのが「スノーフレークマーク」です。

オールシーズンタイヤの選び方

スノーフレークマークは、タイヤメーカーではない第三者機関、ASTM(米国材料試験協会)が、極めて厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮することを認定したタイヤに刻印されるマークなんです。

オールシーズンタイヤを選ぶ時は必ず、この「スノーフレークマーク」を確認してください。

軽自動車のサイズラインナップは?

まずは軽自動車の人気車種のサイズラインナップを一覧で紹介します。

【軽自動車の純正タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ 適合ミニバン車種例
16インチ 165/50 R 16

175/80 R 16

コペン キャストスポーツ など

ジムニー  など

15インチ 165/55 R 15

165/60 R 15

N-BOXカスタム ムーブカスタム ekカスタム ワゴンRスティングレー タントカスタム

キャストアクティバ ハスラーなど

14インチ 165/55  R 14

165/60  R 14

155/65  R 14

165/65  R 14

フレアワゴン など

エブリイワゴン  など 

N-BOX ムーブ ワゴンR タント

13インチ 155/65 R 13

155/70 R 13

145/80 R 13

165/65 R 13

タウンボックス  など

ミライース など

アルト ミラ   など

アトレーワゴン  など

軽自動車の主な純正タイヤラインナップは上記のようになります。

スポンサーリンク

軽自動車対応オールシーズンタイヤサイズを発売しているメーカーは?

軽自動車対応のオールシーズンタイヤを発売しているメーカーは主に以下の6つとなります。

  • FALKEN(ファルケン)
  • PIRELLI(ピレリ)
  • GOOD YEAR(グッドイヤー)
  • MAXXIS(マキシス)
  • NEXEN(ネクセン)
  • LANDSAIL(ランドセイル)

この中でも特に軽自動車におすすめのオールシーズンタイヤメーカーが、

FALKEN(ファルケン)

GOOD YEAR(グッドイヤー)

MAXXIS(マキシス)

の3メーカーです。

理由は、サイズラインナップ!

残念ながらオールシーズンタイヤはもともと欧州が主な市場のため、セダンやミニバンサイズはあっても、日本の軽自動車向けのサイズはあまり作られていないんです。

その中でも比較的軽自動車のサイズラインナップが多いメーカーが上記の3社となっています。

ということで今回は、ファルケン、グットイヤー、マキシスの3社の価格や性能を比較し、どこが一番おすすめなのか見ていきましょう。

FALKENのオールシーズンタイヤの価格と評価

現在、住友ゴムに吸収合併され、ダンロップのグローバルブランドとして発売されているファルケン。

住友ゴム工業の子会社ということもあり、今回紹介しているオールシーズンタイヤの中では唯一の国内メーカー品です。

日本でオールシーズンタイヤを発売しているメーカーの中でも比較的サイズラインナップが豊富なため、軽自動車だけでなく、ミニバンやセダンにもおすすめです。

【FALKENオールシーズンタイヤタイヤ】

EUROWINTER(ユーロウィンター)HS449

【軽自動車タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ 1本参考価格
14インチ
  • 165/55  R 14
  • 155/65  R 14
  • 165/70  R 14
7,000円~13,000円

FALKENのオールシーズンタイヤの軽自動車サイズのラインナップは上記の3つのみとなります。

寂しい…。

FALKENがのオールシーズンタイヤの価格詳細や実際のタイヤパターンなどを見たい場合は、下の画像をタップすると確認できますよ。

【FALKENのオールシーズンタイヤの評価】

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★☆☆
新雪 ★★★☆☆
アイスバーン ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★★★
総合評価 ★★★☆☆

総合評価は星3。

非常に標準的なオールシーズンタイヤのイメージです。

GOOD YEARのオールシーズンタイヤの価格と評価

ブリヂストン、ミシュランと並び世界第3位の実力を持つグットイヤー。

スニーカーに羽のついたロゴでお馴染みのアメリカのタイヤメーカーです。

【GOOD YEARのオールシーズンタイヤ】

Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ 1本参考価格
16インチ
  • 175/60 R 16
13,600円
15インチ
  • 165/50  R 15
  • 165/55  R 15
  • 165/60  R 15
9,000~11,000円
14インチ
  • 155/55  R 14
  • 165/55  R 14
  • 155/65  R 14
  • 165/65  R 14
  • 165/70  R 14
8,000~11,000円
13インチ
  • 155/65  R 13
  • 165/65  R 13
  • 155/70  R 13
  • 145/80  R 13
  • 155/80  R 13
7,000~9,000円

GOOD YEARは軽自動車サイズもそれなりのラインナップが揃っています。

価格はノーマルタイヤ程度なので、これで冬も走行できるならかなり嬉しいですよね。

タイヤパターンなどの詳細が知りたい場合は下の画像をタップすると確認できます。

【GOOD YEARのオールシーズンタイヤの評価】

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★☆☆
新雪 ★★★☆☆
アイスバーン ★★★☆☆
ロードノイズ ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総合評価としてはやや高めの星4なりました。

GOOD YEARは、雪道やシャーベット状の路面でも、比較的しっかりとグリップしてくれるという口コミが目立っていました。

また、ロードノイズも気にならないということで、夏の乾いた路面も快適に走行できるであろうことからこの評価となっています。

しかし、やはりオールシーズンタイヤですから新雪やアイスバーンには弱いようです。

MAXXISのオールシーズンタイヤの価格と評価

MAXXISはオートバックスが取り扱っている台湾のメーカーです。

ちょっと聞き慣れないメーカーですが、ベンツやフォード、トヨタやホンダ、日産などにも新車用タイヤを供給しているんですよ。

【MAXXISのオールシーズンタイヤ】

ALL SEASON AP2

【タイヤサイズラインナップ】

タイヤサイズ 1本参考価格
14インチ
  • 155/65 R 14
  • 175/65 R 14
 5,000~6,000円
13インチ
  • 155/65 R 13
 4,000円

寂しいことに、MAXXISも軽自動車のサイズラインナップは上記の3つとなります。

【MAXXISのオールシーズンタイヤの評価】

マキシスは口コミや評価がまだ見当たらなかったため、オートバックスの公式サイトを元に評価しました。

評価
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★★☆
新雪 ★★★☆
アイスバーン ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る限り、バランスの取れたオールシーズンタイヤに感じます。

ただ、実際に使用したユーザーの口コミや評価が無いため、実際に日本で走行した場合には性能や評価が違って感じられるかも知れませんね。

比較!軽自動車のオールシーズンタイヤでおすすめのメーカーと選び方

上記3社を比較するとこのような結果になりました。

FALKEN GOOD YEAR MAXXIS
乾いた路面でのグリップ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
濡れた路面でのグリップ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
シャーベット&圧雪 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
新雪 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
アイスバーン ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
ロードノイズ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆

総合評価としてはやはりGOOD YEARがおすすめです。

ただし、雪の少ない地域の中でも特に、滅多に雪が降らない、凍結も無いという場合はロードノイズも少ないFALKEN。

凍結や雪の可能性もある場合はGOOD YEAR。

価格で選ぶ場合は、MAXXIS、というふうに各地域や価格に合わせて選んでみてくださいね。

価格はMAXXISがダントツで安く、次はGOOD YEAR、最後にFALKENでした。

しかし、タイヤの価格は作成年度や販売店に応じて変わってくるため、ここでの表示価格は参考までにしてください。

まとめ

夏も冬も使えて便利なオールシーズンタイヤ。

  • スタッドレスより価格が安い
  • シーズン毎の履き替えの手間が不要
  • 履き替え工賃が不要
  • ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤの保管場所が不要
  • 保管費用が不要

これだけのメリットがあるなら、雪の少ない地域では考えてしまいますよね。

しかし、軽自動車のオールシーズンタイヤのラインナップはまだまだ少ないのが現状です。

その中でもおすすめのメーカーは、

FALKEN

GOOD YEAR

MAXXIS

の3つ。

価格で選ぶ場合はMAXXISがおすすめですが、サイズラインナップが少ないためサイズが合えば…という感じです。

性能で選ぶ場合はGOOD YEARがおすすめ。

口コミや実際に使った人の評価も良いものが目立ちました。

FALKENはほとんど雪が降らない、凍結の心配も無い地域ではロードノイズも少なくおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク