2018新型ジムニーの納車待ちの間はリース?一番コスパの良い対処方法を調べてみた!

こんにちは!

新型ジムニーが気になってしょうがない筆者本田ですが、ちょっと心配なニュースを見つけました。

2018年7月に発売された新型ジムニーの売れ行きが好調過ぎて、納車が遅れに遅れているとのことです。

その期間およそ1年!

なんですと!?

新型ジムニーを待ちに待って、自分の車を下取りに出したり、車検が切れそうな車のオーナーさんは納車待ちの間、非常に困るのでは?

  • 仕方なくリース?
  • 車検受ける?

他に一番コスパのかからない方法は無いの!?私なら必死に探します。

ってことで今回は、

  • 2018新型ジムニーの納車待ちの間はリース?
  • 一番コスパの良い方法を調べてみた!

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

2018年7月発売の新型ジムニー

A-STYLE CO.,LTD.さん(@a_style.co.ltd)がシェアした投稿

2018年7月5日、新型ジムニー/ジムニーシエラのフルモデルチェンジが発表されました。

このフルモデルチェンジを待ちに待って新型ジムニーを購入したユーザーも多いことでしょう。

先代型のジムニーは都会的なSUVに流行りに沿って丸みのある形状になっていましたが、今回の新型ジムニーは初代モデルを連想させる直線基準の外観が非常に印象的。

このインパクトのある形とデザインで、ジムニーファンにもその他のユーザーにも人気爆発となりました。

人気度合いとしては、ハスラーが登場した時のような印象ですね。

【新型ジムニーの価格】

  • 新型ジムニー:146万円~
  • 新型ジムニーシエラ:176万円~

【新型ジムニーのカラーバリエーション】

  • モノトーンカラー 全9色
  • 2トーンカラー 全4色

現在の新型ジムニーの納車予定はいつ?

2018年8月現在の新型ジムニーの納車予定はいつなのでしょうか?

現在の新型ジムニーの納車予定

実際にスズキの販売店に納車予定について訪ねた情報によると、

「今のところ正確な納期は不明です。ただし1年以上を要することは確実とみられています」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010000-kurumans-bus_all&p=3

一年以上…。

つまり、2019年の8月は過ぎるってことですよね?

特に普通車の新型ジムニーシエラは、軽自動車のジムニーに比べて納期が長くなると言います。

ジムニーシエラはななんと3年待ち!?

そんなにですか!?

納車が遅れている理由とは?

新型ジムニーの納車が遅れている理由としては、すでに一年分の国内販売目標を越える台数が受注されているから。

【新型ジムニー/ジムニーシエラの1年間の国内販売目標台数】

  • ジムニー:1万5000台
  • ジムニーシエラ:1200台

少なすぎません?

ジムニーの1ヶ月平均目標1250台?

ちなみに、スズキ「ワゴンR」は1ヶ月平均で9,559台を販売しています。

ジムニーの生産規模が小さすぎですよね。

困る!新型ジムニー購入者の口コミ

ネット上の口コミを見ると納車待ちでリアルに困っている人の口コミも多くありました。

一部ご紹介します。

私は、JC、ブラック、5MTの予約を入れました。
見積もりの自動車税は8月からになっていましたが、はっきり言って未定と
言われました。
現在、JB23、5型(11万キロ)ですが、スタッドレスが寿命なので
12月までには納車してほしいです。タイヤの影響でジャダーが凄いので
冬を越せない。

引用元:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0001064307/SortID=21937420/

車検だけでなく、タイヤの寿命も納車時期に関係してきますよね。

確かに1冬越すだけのためにスタッドレスタイヤを買いたくないです!

生産規模拡大で納車が早まる可能性は?

じゃぁ生産規模を大きくして、早くたくさんジムニーを作ればいいじゃないか☆と安易に考えてしまいそうです。

しかし、増産となると莫大な時間とコストがかかり、その後も維持が必要となります。

スズキも増産は検討しているけど、(大人の事情により)今すぐの増産はなかなか厳しいようですね。

増産についてのツイートを見つけました。

実質増産を開始するのが2019年6月以降ということは…。

つまり、今の所、納車が早まるという可能性は低いんです。

スポンサーリンク

新型ジムニーの納車待ちの間はリース?

新型ジムニーの納車が遅れて一番困るユーザーは、

  • すでに今の車を下取りに出してしまった
  • 下取り査定を済ませている
  • 今の車の車検が切れそう、切れた

という人達ですよね。

使える車が無くなるって非常に不便!

郊外に住んでいる人は、日常生活に支障をきたすレベルです。

うちみたいな田舎は生活していけません。バスも電車もな~い。(T-T)w

では、注文した新型ジムニー/ジムニーシエラの納車待ちの間、車はどうすればいいのでしょうか?

スズキファイナンスのカーリース

まずは納車待ちの間、リースでやり過ごすという方法。一般的に代車リースと言われています。

リースと言えば、借りた期間内の契約月額のみ支払えば新車でも乗れるというアレですよね。

実は、2014年にスズキ「ハスラー」が登場した時にも納車が最長半年待ちとなりました。

その時は、下取りがある顧客については、低価格でカーリースを行ったことがあります。

今回も同じような対策はあるかもしれないので、下取りがあるユーザーはディーラーが提示してくれるリースがコスパ◎かもしれません。

しかし、下取りが無いユーザーやすでに他の業者で見積りをしている場合、リースとなるとどのくらいコストがかかるのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

【スズキファイナンスのリース】

スズキファイナンスのリース内容を簡単にご紹介します。

車両購入 リース契約
契約形態 無し リース契約
頭金 必要 不要
登録(届出)諸費用 購入時別途支払い リース料に含まれる
リサイクル料 ユーザー負担 リース社負担
自動車税 毎年納付 リース料に含まれる
車検・点検費用 都度お支払い リース料に含めることができる
所有者 ユーザー リース会社
契約終了時 無し リース会社に返却

気になる価格ですが、スズキファイナンスの公式サイトには明確な金額例が記載してありませんでした。

さらに調べてみると、スズキで代車リースを契約したユーザーの口コミを見つけました。

スペーシア先行予約限定
特別価格のリース

契約しました。
パレットXS
月12600円+任意保険ですね。

スズキ純正オプション
105000円分券も貰えるので良いですね。

早めに今持ってる車も売れるので良かったです。

納車待ちの間、月々12,600円+任意保険で乗れるとのことです。

年間126,000円+任意保険…。

リースと考えれば格安ですよね!?

今回もあるとすれば、同じような金額になると予想されます。

コスモ石油のMyカーリース スマートビークル

Myカーリースはコスモ石油が運営するカーリースショップです。

【Myカーリースのメリット】

  • 頭金不要!
  • ゴールド、シルバー、ホワイトの3種類のパックに応じて毎月の出費を抑えられる
  • コスモ石油の運営だからパックに合わせてガソリン代をずっと最大5円値引き
  • 月々の予算や燃費、車種などから簡単に選べて、そのまま見積り可能

メリットとしては、頭金が不要で、支払い金額やメンテナンス内容に応じて3種類のパックを選べる点です。

さらにコスモ石油ならでは!リース契約をすると最大(ゴールドパック)でずっと5円引き。現在、全国小売平均が151円なので、146円ということになります。

30Lで150円引き、100Lで500円引き。年間に換算すると…これはちょっと魅力的です。

また、公式サイトから予算や燃費、車種などに合わせて簡単に車を選べて、そのまま見積りもできる手軽さもメリットですね。

どんなものか、試しに月々の支払額を見積りしてみると分かりやすいですよ。

登録など一切なしで簡単に見積り可能です。

【コスモ石油公式】スマートビークル

【Myカーリースのデメリット】

  • クレジットカードは使用不可
  • 当月分以外の料金を繰り上げて支払うことができない
  • 契約中のボーナス払い金額の増減は不可

デメリットとしては、原則クレジットカードの使用不可ということ。一部使えるものもあるようですが、通常は銀行引き落としとなるようです。

ポイントを貯めたいユーザーさんは残念かもしれませんね。

また、当月分以外の料金などをまとめて支払うことや契約中のボーナス払いの金額を増やしたり減らしたりすることもできません。

主に支払いの面で、キッチリしすぎて融通が効かないところがありますね。

全体的な評価として、月々の支払額などは一般的だと感じました。

ただ、ガソリン代がずっと割引になるのは他のリース社では無いサービスなので、これは大きなメリットですね。

【コスモ石油公式】スマートビークル

カーリース NOREL

こちらのNORELはカーリースですが、どうせカーリースにするなら普段乗れない車を楽しんじゃおう!ってイメージのカーリースです。

【NORELのメリット】

  • クレジットカード一枚で車が持てる
  • 最短90日で乗り換え可能
  • 保険料込み、車検や整備費用も必要なし
  • ローン審査、ローンの必要もなし
  • 輸入車が豊富
  • 最大5人で共同利用可能

コスモ石油のMyカーリースと違い、こちらはクレジットカード一つあればリースができるタイプです。

また、最短90日で乗り換えが可能なのも嬉しいですね。

他社は、一般的に3~5年がリース期間として設定されています。

また、輸入車が多いのもこのNORELの特徴です。ベンツやレクサス、ワーゲンなどを多く取り扱っています。他のリース会社は国産車を中心としています。

新型ジムニーの納車待ちの間だけ、色々な車を楽しむ!というポジティブ思考も面白いかもしれません。

詳細が気になる方はこちらから料金などの確認ができますよ。

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

【NORELのデメリット】

  • NORELの車は中古車を使用している
  • 月々の支払いが割高
  • 軽自動車、セダン、ショートワゴンの種類がが少ない

他のリース会社はほとんどの場合新車を使っていますが、NORELは中古車でリースを行っています。

月々の支払額は、他のカーリース会社に比べるとNORELがちょっと割高になります。

ただし、長期でNORELを利用することにより割引も可能です。

ちょっと引っかかったのは、車のラインナップが偏っている点。

軽自動車は5つ、ショートワゴンは1つしか種類がありませんでした。逆にミニバンやワゴン、コンパクトカーなどは100種類以上もあります。

NORELは日常使いと言うよりは、車をどんどん楽しみたい人向けのカーリースですね。

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

一番コスパの良い方法を調べてみた!

ではリース以外で新型ジムニーの納車待ち期間をやり過ごす方法は無いのでしょうか?

他の方法も考え、その結果一番コスパの良い方法をご紹介します。

必要なときだけレンタカー?

普段あまり車に乗らず、遠出するときだけ車を使う人には、必要なときだけレンタカーにすればどうかな?と、いう案ですが、これは万人受けしない方法ですね。

車を所有する人は、買い物やお出かけで、通勤などで車を必要とする人が多いと思います。

レンタカーだと、

  • 1日の使用料が高額
  • 今すぐ車が必要な場合に使えない

など大きなデメリットがあります。

ちなみにレンタカーの料金は、車種にもよりますが、6時間5千円以上、24時間だと1万円以上必要な場合もあります。

リースの1ヶ月が通常1万5千円~なので、どう見てもレンタカーのコスパは良くないですね。

今ある車の車検を受けて納車を待つ?

ちょうど車検の時期になり、今回の車検を受けずに新しい車に乗り換えようと考えるユーザーさんも多いことでしょう。

でも、購入を決めた新型ジムニーが納車まで一年待ちとなると、やっぱり車検を受けなくちゃならないのか?と悩むと思います。

軽自動車や比較的車検代が抑えられる車種なら、考えてもいいかもしれません。

【一般的な車検費用の相場(一部)】

  • 軽自動車:50,000円~80,000円
  • 中型乗用車:70,000円~130,000円
  • 大型乗用車:90,000円~150,000円

上記が一般的な車検費用の相場です。これにプラスして部品交換代など加算されます。

このことから考えると、車検代がかさむ車種や高額な部品交換が必要な車については、リースがおすすめです。

しかし、車検代を10万円以下に抑えられるのであれば車検を受けてもコスパ的にはアリですよ。

納車待ちの間に!一番コスパの良い対処方法はこれ!

色々と調べてみましたが、ここで比較しやすいように表にまとめてみました。

スズキのリース 他社のリース レンタカー 車検を受ける
気軽さ ◎非常に気軽 ◯気軽 ◎非常に気軽 ☓重い
車種 ☓少ない △少ないところもある ☓少ない 今までの車なので代わり映えしない
料金比較

(200万クラス車で参考)

明確には不明だが、かなり値引きなど優遇してくれると予想 4万~6万/月 8万/月

1万/6h

車検代

10万~15万

コスパ ◎非常に良い ◯良い ☓悪い △車種により
新車/中古車 新車 新車/中古車 新車/中古車 自家用車

結局1年という長期間納車待ちをしなければならない場合、スズキが気を利かせて格安でリースをしてくれる方法が一番コスパも良いことが判明しました。

ただし、現在軽自動車などに乗っており、車検を迷っているユーザーさんは、リースより車検を受けた方がコスパだけ見るとお得な場合もあります。

ただ、車検を受けてしまうと、中古車査定なども変化してしまうため、新型ジムニーの納車が決まった後に再度査定を受ける必要があるため注意してください。

まとめ

新型ジムニー/ジムニーシエラが売れすぎて困っちゃう!

なんてスズキ側は嬉しい悲鳴かもしれませんが、ユーザーさんは納車に1年も待たされたら本気で困っちゃう人も多いでしょう。

ということで、新型ジムニーの納車待ちの間、車はどうすれば良いのか一番コスパの良い対処方法を調べてみました。

結果、レンタカーはかなり割高なのでおすすめできません。

年に数回しか乗らないからいいよって人ならアリですね。

リースについては、スズキ以外のリースは会社によりサービスも値段も異なります。

上で紹介したようなコスモ石油のMyカーリースならガソリン代がとてもお得になりますし、NORELの場合は、輸入車が多く1年で最高4台もの車を乗り換えることができるため、この機会を逆に利用して、色々な車を楽しむのもいいかもしれません。

【コスモ石油公式】スマートビークル

また、所有している車をまだ下取りや中古車販売に出していないユーザーで、車検費用が10万を下回る場合に限り、車検を受けるのも一つの方法です。

車検を受ければ、リースやレンタカーのように気を使って乗る必要も、納車期間を気にする必要もなくなりますよ。

結局全体的に平均して一番コスパが良いのは(割引サービスがあれば)スズキのリースですね。

今回の納車遅延により、特別なリースサービスをしているとの情報はまだ入ってきていませんが、近い内やってくれるのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました!

本田がお送りしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク