車のガラスコーティングを業者でやる場合・自分でやる場合の手間・工賃・効果を比較

こんにちは!

数年前から主流となりつつあるガラスコーティング。

ワックスのように、ただピカピカにするだけでなく、キズや汚れから長期間ボディ全体を守ってくれ、通常のお手入れも簡単なことから施工する人も増えています。

ただ、ワックスやガラス系・ポリマー系コーティング剤と違って扱いが難しいため、業者に任せることが普通とされていました。

しかし、最近では通販では自分でやる派の人向けに扱いの簡単な本格的ガラスコーティング剤も発売されています。

じゃぁ、実際車のガラスコーティングは業者と自分、どちらが良いのか?

ってことで今回は、

車のガラスコーティングを業者でやる場合・自分でやる場合の手間・工賃・効果を比較

についてまとめてみした。

各業者ごとの手間や工賃、効果と比べ、自分でやる場合はどう違うのか、紹介しています。

ガラスコーティングを自分でやってみたい!

やりたいけどコーティング剤に迷っている、って人には本文でおすすめのコーティング剤も紹介しています。

もし、自分でガラスコーティングをする場合、レビューでの満足度が高く、圧倒的ガラス保有量で透き通るようなツヤを実現してくれる!

なのに私のようなか弱い女性でもカンタンにコーティングできるピカピカレインがおすすめです!

市販のポリマー系やガラス系コーティング剤は、劣化すると油膜になってしまうという大きなデメリットが…。

しかし、ピカピカレインは、プロが使うような本物のガラスコーティング剤なんです。

下ではもっと詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

自分で3年間ノーワックス!理想のコーティング剤をチェックする!

自分で10分の1以下の価格でガラスコーティングをする!


車の保険を少しでも安くしたいなら見るべきページはこちら!

実践!車の保険料を一瞬で簡単に安くする見積り方法はコレ! 

スポンサーリンク

業者でやる?自分でやる?ガラスコーティングの手間を比較!

ガラスコーティングを自分でやるにはそれなりの時間と手間がかかります。

車にかける手間が気にならない人は全く問題ないでしょうが、忙しい方は、できればぱぱっと済ませたいですよね。

まず結論から言うと、

  • お金をかけてもいいから、自分の時間を第一に優先して手間を省くなら業者に頼む
  • お金は節約しつつ、自分で楽しみながら愛車に本格ガラスコーティングをしたいならピカピカレイン

といった基準でこの記事を読んで貰えれば嬉しいです。

ではガラスコーティングを業者でやる場合と、自分でやる場合ではどのくらい手間や工賃、効果が違うのか見ていきましょう。

ガラスコーティングを業者でやる場合の手間

ガラスコーティングを業者にお願いする場合の手間としては、

  1. ガラスコーティング施工をしてくれる業者を探す
  2. 電話または現地でガラスコーティング施工を依頼する
  3. 業者に車を預ける
  4. コーティング施工完了後車を受け取りに行く

基本はこれだけです。

ガラスコーティングを依頼する業者さえ決まれば、手間は非常に少なくて済みます。

ガラスコーティングを自分でやる場合の手間

ガラスコーティングを自分でやる場合は、

  1. 好みのガラスコーティング剤を選ぶ
  2. 下地処理道具や洗車道具を揃える
  3. 施工中や施工直後の雨や夜露などに注意し施行日を決める
  4. 洗車&下地処理をしっかりと行う
  5. 洗車後の水滴は徹底的に拭き取る
  6. ガラスコーティング剤を施工する&拭き上げる
  7. 12時間~24時間程度は水に濡れないよう気をつける

これだけの作業手順と手間があります。

特に洗車~施工までは数時間かかるため、自分でやる場合は半日から1日近くかかる場合もあります。

自分で施工する場合は、朝露の無い日の早朝から初め、昼過ぎには全行程を終わらせるのが理想的ですね。

手間の比較まとめ

ガラスコーティングを業者に依頼した場合と、自分でやる場合の手間の比較をまとめました。

【業者に依頼】

業者さえ決まれば予約をし、車を預ければあとは全部やってもらえます。

手間といえば、予約や車の引き渡しなどですね。

【自分でやる場合】

ガラスコーティングを自分でやる場合は、

ガラスコーティング剤を選ぶことから、下地処理や洗車、コーティング施工、その後のメンテナンスまで全て自分でやることになります。

また、自宅の庭やガレージで洗車できる環境があればいいですが、マンションなどの場合は洗車場を借りて行う必要があるのも手間ですね。

業者でやる?自分でやる?ガラスコーティングの工賃を比較!

次に工賃の比較です。

これは結論から言えば、自分でやるほうが圧倒的に安く済みます。

もちろんどんなガラスコーティングを施工するかで違いは出てきますが。

洗車道具を全部買い揃えたとしても自分でやるほうが安いでしょう。

ガラスコーティングを業者でやる場合の工賃

ガラスコーティングを業者に依頼する場合、どの業者に依頼するかで少し工賃が異なります。

今回は以下の業者の価格を簡単にまとめて比較していきます。

  • ディーラー
  • ガソリンスタンド
  • 量販店
  • 専門店

軽自動車 普通車 RV・ミニバン等
ディーラー
(トヨタ)
37,800~118,800円 54,000~140,400円 32,040~75,600円
ガソリンスタンド(キーパー) 16,300~67,500円 18,300~81,900円 22,400~96,200円
量販店
(イエローハット)
32,940~76,140円 43,200~92,556円 51,300~100,872円

専門店の場合は工賃が細かく設定されています。

車種・社名 価格
ダイハツ ミラ 55,000円~
メビウス 85,000円~
ホンダ フィット 65,000円~
ステップワゴン 100,000円~
トヨタ 86 65,000円~
プリウス 75,000円~
ハイエース 120,000円~

業者でガラスコーティングをやる場合は、

  • ガラスコーティングの内容
  • 耐久年数
  • 保証年数
  • アフターケア

などにより、工賃が変わってきます。

安ければ2万円台、高ければ30万以上などと非常に幅広いため、自分の車や保管環境に合ったガラスコーティングを選ぶ必要があります。

ガラスコーティングを自分でやる場合の工賃

では、ガラスコーティングを自分でやる場合の工賃を見ていきましょう。

工賃というか費用ですね。

工賃は自分でやるので実質ゼロ円です。

なので、ガラスコーティングに必要なものを1から揃える費用を工賃として出してみますね。

まずは通常の洗車道具一式です。

最低限困らないだけの道具を購入したとします。

洗車道具 価格(参考) 用途
カーシャンプー 600~2,000円 油膜除去成分やコンパウンドなどが配合されたカーシャンプーもある。
用途により適切なものを選ぶ必要がある。
バケツ 1,000~2,000円 大きめのバケツがおすすめ。
踏み台になるものや、洗車後の道具入れとして利用できるものが良い。
スポンジ 100~600円 ボディ全体を優しく洗えるものがおすすめ。
マイクロファイバークロス 300円前後(5枚入り) 主に拭き上げに使用する。
安価なものはすぐに固くなるので注意。
雑巾・ウェス 200円前後
家庭にあるものでも可
汚れの酷い部分を洗う場合や、ドアステップなどを拭き上げる時に使用。
ウィンドシャンプー 200~2,000円 カーシャンプーで代用可能だが、頑固な油膜や汚れが付いている場合に使用。
撥水加工にも。
ホイールクリーナー 500~2,000円 カーシャンプーでも良いが、アスファルトや車のオイル、サビを落とす場合は専用のホイールクリーナーがおすすめ。
ホイール用ブラシ 500~1,000円 ホイールの細かい部分まで洗える、ホイールの形に合ったブラシやスポンジがおすすめ。

次にガラスコーティングの下地処理用の道具一式です。

下地処理用具 価格(参考) 用途
コンパウンド(極細) 1,000~3,000円 ボディの細かなキズや汚れの除去に使用。粒子の細かさにより使い分けが必要。
コンパウンド(細目) 1,000~3,000円
スポンジ 100~800円 コンパウンドを手作業で使用する場合に必要。細かな部分や、一部のみコンパウンドを使用する時に便利。
マイクロファイバークロス 300円前後(5枚入り) 下地処理後の拭き上げに必要。
ポリッシャー 3,000~10,000円 広範囲のキズ消しや下地処理に便利な電動の清掃機器。最近は安価なものがあるためDIYするなら用意しても◎!
バフ 400~2,500円 ポリッシャーに装着ししようするスポンジ。このバフにコンパウンドを少量ずつ着けて下地処理をしていく。
マスキングテープ 500円前後 プラスチック部分、ガラス部分にコンパウンドが付着し削れてしまわないよう保護するために使用。車の端や凹凸部分にも使用。
粘土 700~2,500円 鉄粉取り、虫取りなど車に付着した頑固な汚れの除去に使用。

最後にガラスコーティング剤などの費用です。

どちらか一つ購入すればOKです。

道具 価格(参考) 内容
ガラスコーティング剤 5,000~15,000円 ガラスコーティング剤は通常のものでも5,000~10,000円出せば購入可能。
1年~3年程度の持続性はある。
高価なものになると30,000円程度となる。
ガラス系・ポリマー系コーティング剤 2,000~15,000円 ポリマーなどガラス系のコーティング剤は価格も安く、量販店などでも手に入る。
施工も簡単だが3ヶ月程度で再施工が必要なものが多い。

これらを全て購入したとして費用を計算してみました。

  • 安いもので揃えた場合:15,400円
  • 高価なものばかり揃えた場合:47,700円

高価なものばかり購入すると費用は結構かさみますが、業者にガラスコーティングを依頼しても、その後のメンテナンスで洗車道具は必要になります。

そのことを加味すれば、やはり工賃の比較は自分でガラスコーティングする方が安くつきますね。

便利な脱脂カーシャンプーセットも販売されています。

これだけあれば単純に洗車するには困らないセットです。(価格や内容は画像をタップ)

本物のガラスコーティング剤は通販が主流です。

市販ではあまり手に入らない、プロも愛用するガラスコーティング剤も通販なら販売されています。

自分で安くやってプロ同等の仕上がりになるガラスコーティングなら使ってみたいですよね。

業者同等の仕上がりを自分で施工&実感してみる!

今すぐ自分好みのガラスコーティングの仕上がりを試してみる!

楽天で見る場合はこちら!

業者でやる?自分でやる?ガラスコーティングの効果を比較!

最後にガラスコーティングの効果を業者と自分で比較してみます。

ただし、これはガラスコーティングの内容や質にも大きく影響される部分が。

ということで、ガラスコーティングの効果持続期間を比較してみましょう。

ガラスコーティングを業者でやる場合の効果

ガラスコーティングを業者でやるということは、他人に愛車のガラスコーティング施工を任せるということです。

人間がやることなので、最高級のコーティング剤を使っていてもガラスコーティングの仕上がりや効果が最高級になるかは別問題。

もちろん大満足の声も聞かれます。

ダイヤモンドクリスタルコーティング!!!

ダイヤモンドクリスタルコーティング!!!

NDロードスターを新車で購入してから11ヶ月。
ついにコーティングをしました!!
もう、大満足です!!

プロステージK という業者にお願いして、ダイヤモンドクリスタルコーティングというメニューを施工してもらいました。

高額ですが、その輝きとアフターサービスの良さで、リピーターが多いと評判のお店です。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1243696/blog/41811845/ 

ただこんな声もあります。

新車で購入したE43ですが、セールス君のご厚意により、無償で撥水性のガラスコーティングをしていました。
事前に腕は悪くないと聞いていたので、1~2年は持てばと思いお願いしましたが、納車1週間後のドライブで汚れたので、業者での手洗い洗車をしましたが、所々汚れが固着して取れない(泣)
コーティングしてこんなに簡単に汚れが付いたのは初めての経験です。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/438505/blog/40597763/

では業者の施工による効果持続期間はどうなっているでしょうか?

施工業者 効果持続期間(再施工目安)
ガソリンスタンド 1年~5年
ディーラー 1年~5年
専門業者 1年~5年

ほとんどの業者が1年~5年程度の効果持続期間(メンテナンス&保証期間)でした。

ただし、ガソリンスタンドやディーラーでは1万円以下から行える安いコーティングもあり、その場合は3ヶ月程度の効果持続期間となります。

ガラスコーティングを自分でやる時の効果

次にガラスコーティングを自分でやる時の効果持続期間をまとめてみました。

ただし、これも自分でやるため、失敗や思わぬトラブルなどもあると考えます。

絶対の期間ではなく目安として見てください。

コーティング剤の種類 効果持続期間
ガラスコーティング剤 3年~5年
ガラス系コーティング剤 1年~5年
ポリマー系コーティング剤 3ヶ月~1年

効果持続期間を見る限りそこまで大きな違いは無いように見えます。

洗車やコーティング、下地処理などをプロとしてやっていた私のぶっちゃけな意見を言わせていただくと…

プロでも自分でやるにしても、下地処理をしっかり行い、洗車をしっかりし、丁寧かつ迅速にコーティング施工すれば出来上がりやコーティング効果に大きな違いは見えないんですよね。

むしろ違いはその後。

コーティング後にメンテナンスをしっかり行い、車を大切に扱うかどうかで変わってきます。

実は本物のガラスコーティングを施工すれば、半永久的に効果は持続します。

ただ、これは全く乗らず、チリやホコリ、雨風にもさらされない状態での話。

実際に車を使えば雨風にもさらされるし、キズもつくかもしれません。

効果のみの観点から考えると、ガラスコーティングをやるのが業者か自分かということはそこまで重要ではなく、どこまで車を大切にできるか?で決まってくるんです。

が、これを言うとプロの業者さんに怒られてしまうので、これは私の独り言だと思って聞き流してくださいね(笑)

ただ、本気のガラスコーティングは予備知識や経験がないと自分でやるにはちょっと難しい部分があるのも確かです。

だから業者に任せる。

これも選択肢の一つですね。

スポンサーリンク

ガラスコーティングの手間・工賃・効果の比較まとめ

ガラスコーティングを業者でやった場合と自分でやった場合の手間・工賃・効果の比較をまとめてみました。

業者 自分
手間
  1. 施工業者を探す
  2. 電話・現地で依頼
  3. 車を預ける
  4. 受け取り
  1. ガラスコーティング剤用意
  2. 下地処理道具などを用意
  3. 施行日を決める
  4. 洗車&下地処理
  5. 洗車後の拭き上げ
  6. 施工&拭き上げ
  7. 施工後の水気に注意
工賃 ディーラーから専門業者まで工賃の幅は広い

20,000~300,000円

DIYの場合工賃はゼロ。
洗車道具などを1から揃えた場合の費用を算出。15,400~47,700円程度
効果 1~5年程度 3ヶ月~5年程度

どちらにしようか迷っている場合は下の表に当てはめて考えてみてください。

手間を掛けたくない、または洗車スペースが無い YES:業者

NO:自分で

費用を掛けたくない、またはできるだけ安く済ませたい YES:自分で

NO:業者

手軽に効果を実感したい、または定期的なメンテナンスを受けたい YES:業者

NO:自分で

もし自分でやる場合は、最初に少し紹介した評価も非常に高いピカピカレインというガラスコーティング剤をおすすめします。

今すぐ工賃を節約しつつ本格的なガラスコーティングを試してみる!

業者顔負け!自分で施工できる本物のガラスコーティング剤を紹介!

今回の比較を見て、自分でやってみようかな!と考えた人もいると思います。

でもガラスコーティング剤って結構種類が多く、しかも、

  • ガラスコーティング剤
  • ガラス系コーティング剤
  • ポリマー系コーティング剤(ガラス繊維入)

など、似ていても全く違うものが多くあります。

プロ顔負けの本物のガラスコーティング剤、またはガラス系コーティング剤を簡単に施工したい人はこのままこの記事を読み勧めてください。

手軽で楽なポリマー系またはガラス系コーティング剤を試したい方はこちら!

車の市販コーティング剤おすすめ5選!洗車手順や使い方・頻度も合わせてご紹介!

すでに上でチラッと紹介してしまいましたが、私がおすすめする本物のガラスコーティング剤は、ピカピカレインという商品です。

よく市販や通販などで販売されているコーティング剤は、ほとんどが「ガラス系」コーティング剤なので注意してください。

ひと目で分かる見分け方としては、茶色や緑などの薬品用の瓶に入っているかどうか。

本物のガラスコーティング剤は劣化を防ぐためこの茶色い瓶に入っています。

では、そんなピカピカレインがなぜおすすめなのか?

その理由やピカピカレインの種類、施工前と施工後ではどのくらい違いがあるのか?などはこちらで詳しく紹介しています。

ピカピカレイン全種類を車種や駐車場所・撥水親水性能などから完全比較!選び方を紹介!

ガラスコーティングに失敗しない作業手順

それではピカピカレインのガラスコーティングに失敗しないDIY作業手順を紹介していきます。

失敗しないDIY作業手順

まずはこちらの動画を見てみてください。

ピカピカレインの全施工工程が分かる2分30秒程度の動画です。

【ガラスコーティングDIY作業手順】

  1. たっぷりの泡でキレイに洗車
  2. 水気を残さずキレイに拭き取る
  3. ドアやボンネットなどは開けてサイドの水気を拭き取る
  4. キズや油分なども取り除く
  5. 場合によっては再洗車後水気を拭き取る
  6. ピカピカレインをスポンジに3滴程度着けて少しずつ塗布し伸ばす
  7. 最初スポンジの滑りが悪い場合は少し多めに着ける
  8. 1ブロックずつ(ドア一枚など)ピカピカレインを塗布したらすぐに乾いたクロスでキレイに拭き上げる
  9. これを繰り替えす

基本の作業手順はこれだけです!

もっと詳しく作業手順や工程について知りたい場合は下のリンクへ!

車のガラスコーティングを自分でする時のやり方!DIY施工で失敗しない為の作業手順も

まとめ

車のガラスコーティングを業者でやる場合・自分でやる場合の手間・工賃・効果を比較

について紹介してきました。

まず、手間について。

  • 業者:業者探しと予約、車の引き渡しなどのみ
  • 自分:ガラスコーティング剤、洗車道具の準備、下地処理、洗車、コーティング施工、メンテナンスなどをすべてやる必要がある。

次に工賃です。

自分でやる場合は、工賃ゼロなので洗車道具の費用で計算しています。

  • 業者:安ければ2万程度、高ければ30万以上も
  • 自分:1万5千~4万7千円程度で全部道具が揃う

最後にガラスコーティングの効果持続です。

  • 業者:1~5年。保証内容やメンテナンスにより異なる。
  • 自分:3ヶ月~5年。安価な市販品とちゃんとしたガラスコーティング剤で効果も異なる。

業者に頼むか、自分でやるか、これらの比較を参考にしてみてください。

初めての施工を自分でやってみたい場合は、ピカピカレインを強くおすすめします。

まずは、施工も簡単でレビューも良い!評判のピカピカレインで本格派ガラスコーティングを試してみてはどうでしょうか?

今すぐ自分でカンタン施工できるガラスコーティングを試してみる!




車の保険を少しでも安くしたいなら見るべきページはこちら!

実践!車の保険料を一瞬で簡単に安くする見積り方法はコレ! 

最後までご覧いただきありがとうございました。

本田がお送りしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク