初めてでも簡単な洗車のやり方を細かく解説!洗剤や道具の基本の選び方まで紹介!

こんにちは!

手洗い洗車と聞くとハードルが高い。

車好きがやるもの。

といったイメージの方も多いかもしれません。

また、車に乗りはじめて間もない人はどうすればいいかすら分からないかもしれませんね。

ですが、手洗い洗車って意外と簡単!

しかも自分で気が済むまでぴかぴかにすると何故か愛着が湧きます(笑)

10代からガソリンスタンドで仕事し、洗車担当&タイヤ担当になっていた筆者が簡単でスピーディーなのにキレイにできる洗車方法や、おすすめのカーシャンプーや道具の基本的な選び方まで紹介していきますね。

  • 初めてでも簡単な洗車のやり方を細かく解説!
  • 洗剤や道具の基本の選び方まで紹介!

車の保険を少しでも安くしたいなら見るべきページはこちら!

実践!車の保険料を一瞬で簡単に安くする見積り方法はコレ! 

スポンサーリンク

洗車機も悪くないけど…手洗い洗車と洗車機のメリットとデメリット

洗車機でぱぱっと洗車すれば簡単ですが、車って安いものじゃないですよね。

できれば長く大切に乗りたい!

そこでまずは洗車する時に何故手洗い洗車がいいのか?洗車機のメリットやデメリットも紹介します。

洗車機のメリット

  • 簡単お手軽!
  • 洗車道具を揃える必要が無い
  • 洗車場所やホース・シャワーなどが不要

洗車機のメリットはなんと言っても簡単、お手軽!

時間もかけず、簡単なワックスまでできてしまうとう点です。

また、自宅がアパートやマンションなどの場合でも気軽に洗車できるのが大きなメリットですね。

洗車機のデメリット

  • 小キズがつく
  • 細かいところは洗えていない
  • 毎回お金がかかる

洗車機の大きなデメリットは車全体に小キズが付くこと。

筆者はガソリンスタンドで働いていたこともあるので、毎日洗車機を動かしていましたが、洗車機のスポンジは意外と固く、車に叩きつける水とスポンジの音もかなりの騒音でした。

あれでキズがつかない訳ありません。

また、洗車機では手洗い洗車のように細かい部分は絶対に洗えません。

その上からスプレー式のワックスをかけてしまうのも大きなデメリットです。

さらに、毎回500円~1500円程度のお金がかかります。

時間と労力を使わないための金額ですから高いとは思いませんが、500円~1000円あれば何十回も使えるカーシャンプーが買えるし、1500円程度出せばコーティング剤も買えます。

トータルではコスパが悪くなりますね。

手洗い洗車のメリット

  • キズがつきにくい
  • 細かい部分までキレイにできる
  • 家に道具があれば部分洗いもできる
  • 愛着が湧く
  • 車の扱いが丁寧なる

手洗い洗車のメリットは色々あります。

その中でも特に大きなメリットは車にキズがつきにくいこと。

これが洗車機と手洗い洗車の大きな違いですね。

手洗い洗車のデメリット

  • 時間と労力がかかる
  • 洗車道具や場所が必要

手洗い洗車のデメリットは上で書いたように、時間と労力がかかるところ。

そして洗車道具や場所が必要なのもデメリット。

ですが、最近はDIY洗車専用の場所も多く提供されていますし、アパートやマンションぐらしでもセルフ洗車ができるようになってきました。

筆者も広島でアパートぐらしをしているときはセルフ洗車場を利用していました。

掃除機やタオルが完備されているのが嬉しいですね。

まだセルフ洗車をやったことが無い人は、まずはそういう場所が近くにないか探してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

洗車のやり方の前に!知っておくべき注意事項!

洗車のやり方の前に、必ず知っておくべき注意事項を4つ先に紹介します。

  1. 高圧流水・ジェットを多様して汚れを飛ばそうとしない!
  2. 快晴の炎天下で洗車は危険!
  3. いきなりスポンジでこするのはアウト!
  4. ボディから洗い始めない!

上記の4つに当てはまる行動を一つでもしている場合、愛車のボディを痛めている可能性があります。

1.よく晴れた日の日中に洗車をしている

洗車するぞー!ってなった時に、あなたはよく晴れた日中にやっていませんか?

晴天の日は気持ちよく洗車できるかもしれませんが、晴れた日の洗車は、ボディに残った水分があっという間に乾燥し「ウォータースポット」として残ってしまいます。

このウォータースポットは一度残ってしまうと、なかなか落ちません。

これを落とそうと、一生懸命洗車すると、逆に傷になってしまうことも。

セルフ洗車をするときは、曇りの日が、太陽が出ていない早朝、夕方に行うのがベストです。

2.真っ先にボディを洗い始める

洗車の時いきなりボディから洗いはじめてはいませんか?

車の足回り、タイヤやホイールには頑固な油汚れや泥が多く付着しています。まずはそんな汚れをしっかり水で洗い流しキレイにしてください。

ただし、ブレーキ部分(特にブレーキローター)は水を当てると錆びやすいため、あまり強い水流で洗わず柔らかいシャワーなどで洗うようにしましょう。

3.いきなりスポンジでこする

ボディに付いている細かい砂やホコリも、小キズの原因となります。

たっぷりと水をかけ、しっかり洗い流してください。

また、下でも説明しますが、ボディをスポンジで洗車するときは屋根から順番に降りていく手順で洗車してください。

4.高圧水流やジェットを多用している

ジェットで車を洗い流すと、目に見えて汚れが落ちていくので見ていて気持ちいいし、手間もかからないように感じますよね。

しかし、高圧水流やジェットの多用も、上と同様に小石や砂などを飛ばすため細かいキズがボディにつく原因となります。

高圧水流やジェットはできるだけ汚れの頑固な場所や足回りだけにしておきましょう。

ちなみに私は、仕事中業務用のジェットの水で指を切ったことがあります。

さいわいほんの少しの怪我でしたが…水で怪我をするほどのものをボディに直接ぶつければ傷が付くのも納得でした。

洗車をするとき最低限揃えるべき道具は?

セルフ洗車に必要な道具も簡単にご紹介しておきます。

  • スポンジ
  • バケツ&ホース
  • カーシャンプー
  • マイクロファイバークロス
  • タイヤワックス
  • 脚立・踏み台
  • コーティング剤またはワックス
  • 拭き上げ用のセイム
  • 掃除機

これだけ揃えておけば普通にセルフ洗車ができます。

また、筆者の職業上の経験から、マイクロファイバークロスはほんの少し良いものをおすすめします。

一番安いものを使うと、すぐにゴワつく、固くなる、水分の吸収能力が落ちる、と、良いことなしです。

これなら間違いない!という一押しマイクロファイバークロスを見つけたので紹介しておきます。

吸水性と耐久力はかなりのものなので、最初はちょっと高く感じるかもしれませんが、「まだ使える!」ってなるはずです。

価格や詳細は下の画像をタップすると見ることができますよ。

洗剤や道具の基本的な選び方

洗車道具を揃えるとは言っても、量販店には多くの洗剤やスポンジが並んでいてどれを買えばいいのか迷いますよね。

そこで、洗車に必要な洗剤や道具の基本的な選び方を紹介します。

スポンジは目の細かいものを選ぶ

直接ボディを擦ることになるスポンジは、小石や砂が入りにくい目の細かいものを選びましょう。

もちろんムートンブラシでもいいですが、筆者個人としては乾かしたり洗ったりが少し手間でした。

シュアラスターのスポンジはキメも細かく適度な弾力で使いやすいですよ。

お値段も高すぎずどんどん使えます。

バケツ&ホースノズルは使いやすいものを選ぶ

バケツは断然踏み台にもできるタイプがおすすめ。

大容量で一つ二役になるので自分で洗車するときには必需品です。

通販でも送料無料の踏み台バケツが販売されています。

筆者の家では「かしこいバケツ」を使っています。

ガッチリ体型の男性が乗っても全く問題無い強度ですよ。

価格や詳細は下のがタップすると見ることができます。

ホースは車一周を難なく回れるほどの長さのホースを準備しましょう。

ノズルはシャワーやジェット、水量を手元で切り替えられるものがおすすめです。

また、泡を一緒に噴射できる便利なノズルもあります。

ただし、すすぎの時に間違ってまた泡を出さないように注意してくださいね。

カーシャンプーは泡立ちと泡切れで選ぶ

カーシャンプーは泡立ちが良く、水で流してサッと落ちるタイプのカーシャンプーがおすすめです。

また、コンパウンドが入っていないものを選んでください。

シュアラスターのカーシャンプーは泡立ちが良く、泡切れも良いと口コミでも評判。

1000ml入りでコスパもいいのでおすすめです。

家にある食器用洗剤でも代用できますが、カーシャンプーより泡切れが悪く落ちにくいため、おすすめできません。

マイクロファイバークロス&セイムは安すぎず高すぎないものを選ぶ!

マイクロファイバークロスやセイムは高すぎるものを使う必要はありませんが、少し良いものをおすすめします。

安すぎるとすぐに固くなりごわついてしまうからです。

もったいないからと、そんなクロスやセイムで車を拭き上げてしまうと結局車にキズをつけることになりますよ。

高すぎず安すぎず、中間の値段のものを使い、固くなってきたらこまめな買い替えをしましょう。

タイヤワックスは必要に応じて選ぶ

タイヤワックスは筆者としてはあまり必要ではないかな?という感じです。

見た目がキレイになるので使いたい人は用意しておきましょう。

ガソリンスタンドに従事していた頃、業務用を使っていましたが市販のものも大差無く感じたので、そこまで高価なものを選ぶ必要は無いでしょう。

脚立・踏み台は軽くて持ち運びやすいものを選ぶ

脚立や踏み台は、上で紹介した踏み台になるバケツを使う場合は無理にすぐ揃える必要はありませんが、ミニバンなどの大きめの車は天板の広い脚立が便利です。

脚立は大きすぎるものは避け、軽くて持ち運びが便利なものを選んでください。

普通の脚立なら下の画像の大きさくらいで十分です。

大きな車の洗車には横に広いタイプの脚立が便利。

ですが、お値段が少し張ってしまうのが難点ですね。

 コーティング剤またはワックスの選び方は…?

コーティング剤やワックスの選び方は下のリンクで詳しく紹介しています。

選ぶポイントが色々あるため参考にしてください。

筆者としてはワックスより断然コーティング剤をおすすめします。

その理由も上のリンクで紹介していますよ。

掃除機はコードレスタイプを選ぶ!

掃除機は車内の清掃には必須アイテムです。

もちろんコンセントが届く場所で洗車できるなら家庭用の掃除機を使ってもいいですが、正直非常に使いづらいです。

家庭用タイプならホースの長い掃除機がおすすめ。

車用の小型のコードレス掃除機があればかなり便利です。

もちろん家の中の細かい場所にも普段遣いとして多用できます。

下の画像の掃除機はコードレスでどこでもラクに掃除ができ、サイクロン式なのでお手入れも簡単。

車内に落ちていた小物を誤って吸い込んでしまったときも簡単に取り出せます。

価格も筆者が確認したときは5,000円ちょっとでした。

※値段は変わっているかもしれないので下の画像をタップして確認してください。

初めてでも簡単な洗車のやり方と時間の目安

内容 かかった時間(約)
1.洗車準備 5分
2.タイヤ・ホイールを洗う 10分
3.ボディ・ウィンドウを洗う 20分
4.しっかりと洗い流す 10分
5.拭き上げ 30分
6.ワックスまたはコーティング 15分
7.室内の清掃 20分

筆者が自宅で軽自動車を洗ったときの時間の目安です。

トータル約1時間50分でした。

ミニバンクラスだと少し時間は変わるかもしれませんが、特にボディを洗うときは時間をかけすぎず手早く洗っていきましょう。

コーティングをする場合は、使うコーティング剤に合わせて、拭き上げ前か拭き上げ後に行ってください。

タイヤ・ホイールを洗った後は、屋根→ボンネット&トランク→サイドの順でたっぷりの泡を使い優しく洗っていきます。

このときできれば、水を流しながら洗うか、こまめに水をかけながら洗うと一層ボディを傷つけること無く洗車できますよ。

コーティング剤にもよりますが、基本、最後はしっかり水気を拭き取ってください。拭き上げ用のマイクロファイバークロスかセイムを使うとキレイに吹き上げができます。

それでは手順ごとに細かく紹介していきます。

1.洗車準備

まずは洗車準備です。

洗車に使う道具はこの時点ですべて準備しておきましょう。

筆者はこの時点で先に、室内にある荷物やフロアマットなども全部外に出しておきます。

2.タイヤ・ホイールは必ず最初に洗う

洗車準備ができたら、タイヤ・ホイールは必ず最初に洗ってください。

必要な道具

  • カーシャンプー
  • バケツ
  • タイヤ、ホイール用スポンジまたはブラシ
  • サビ取り剤

タイヤ・ホイールを洗うときは、基本的にはカーシャンプーでキレイに洗えばOKです。

基本はスポンジを大きめの卵大の大きさにちぎって洗うと簡単です。

でも、結構手間なので、こんな道具があると便利ですよ。

洗車手順と使い方

このパープルマジックシリーズはホイールナットの汚れまでキレイに落ちる優れもの。筆者のおすすめです。

価格や大きさなどの詳細は下の画像をタップすると見ることができますよ。

こっちはホイールナットの穴や細かい部分に最適なスポンジ。

価格も高すぎないので一本あると非常に便利ですよ。

タイヤ・ホイールを洗うときのポイント

タイヤ・ホイールを洗うときのポイントは、以下の5つ。

  • 高圧水流を多用しない
  • ブレーキディスク部分に水や泡をかけすぎない
  • こびりついたアスファルトやサビなどは無理にこすらず専用薬剤を使う
  • タイヤの洗剤はすぐに洗い流す
  • スポンジは車体用と使い分ける

高圧水流を多用しないのは車のキズを防ぐため。

ブレーキディスク部分は錆びやすいので水や泡は最小限に。

そして、タイヤに洗剤がついたままだとタイヤの油分が取れて劣化の原因になるため、洗ったらすぐに洗い流してください。

また、ボディのキズの原因になるため、スポンジは必ずボディ用とホイール用と使い分けましょう。

ホイールの内側などのアスファルトやサビは専用の薬剤を使えばキレイに落ちます。

これとほとんど同じものを筆者もプロの現場でも使っていました。

結構キツイ薬剤なので、直接肌に触れないように気をつけてくださいね。

タイヤ・ホイールの洗い方と手順

  1. タイヤ・ホイールをしっかり濡らす
  2. スポンジ(またはブラシ)とシャンプーで洗っていく
  3. 泡を流水ですすぐ

普通の鉄ホイールならブラシでしっかり磨いても問題ないですが、ガンメタなど光沢が出るタイプのアルミホイールはブラシを使わずスポンジで洗ってください。

基本はタイヤハウス→タイヤ→ホイールの順。

タイヤは念入りに磨く必要はありません。

汚れが酷い場合はその都度流水で流しながら洗車してください。

ホイールのサビを落としたい場合は水をかけて軽く汚れを落とした後、サビ取りスプレーをかけ、しばらく置いて流してからシャンプーで洗いましょう。

3.車のボディ・ウィンドウを洗う

タイヤ・ホイールをキレイに流したら次は車のボディ・ウィンドウです。

必要な道具

  • スポンジ
  • カーシャンプー
  • バケツ
  • 虫取り剤(必要なら)
  • クロスまたはセイム

車のボディ・ウィンドウを洗うときのポイント

車のボディやウィンドウを洗うときは必ずたっぷりの水をかけ、天井からたっぷりの泡で優しく洗っていきます。

できれば水をかけながら洗うくらいがベストです。

暑い日に作業をするときはこまめに泡を水で流しながら、ボディが乾かないよう注意してください。

虫などは無理にこすらず、専用の洗剤を使いましょう。

筆者も仕事でよく使っていましたが、どれを使ってもそこまで大差無いため値段の高いものを選ぶ必要はありませんよ。(筆者の感想です)

ボディ・ウィンドウを洗う手順

  1. 天井
  2. サンルーフ
  3. ウィンドウ、ピラー
  4. ボンネット
  5. 運転席から1周助手席にかけて

天井を洗う時に手の届くサンルーフやウィンドウは洗ってしまいましょう。

その後ボンネットから運転席側回りに1周ぐるっと洗っていきます。

これは筆者が仕事で洗車していたときの基本の流れです。

もちろん逆周りでもOKですよ。

4.しっかりと洗い流す

車全体を洗ったらしっかりと洗い流します。

洗い流すときのポイント

洗い流すときはあまり強い水流で流さず、シャワーなどの水で全体をまんべんなく流していきましょう。

必ず泡が完全に流れ落ちるまでしっかり流してください。

特に泡が残りやすい場所

特にサイドミラーの下やボンネット、フェンダーの隙間などには泡が残りやすいため念入りにながしてください。

5.水が乾く前に手早く拭き上げ!タイヤ・ホイールも忘れずに!

しっかりとシャンプーを流したら拭き上げです。

拭き上げのときのポイント

  • 拭き上げ前に車を前後に少し動かす
  • 天井からボディを洗うときと同じ手順で拭いていく
  • ドア、ボンネット、トランクは一度開けて拭く
  • サイドミラーは開閉してから拭く

車は意外と細かい隙間に水が入っており、なかなか1回ではキレイに拭き取れません。

そのため拭き上げ前に一度車を前後に動かして、隙間の水気を外に流してから拭くと、後から水が流れてくることも少なくなります。

また、ドア、やボンネット、トランクなどの隙間にも水が溜まっているため必ず開けてから拭き取るようにしましょう。

サイドミラーの付け根も意外と水が溜まっているので、一度拭き上げた後、もう一度動かしてみると水が落ちてきます。

それもしっかり拭き取ってください。

ムラにならない基本の窓の拭き上げ方

窓ガラスは適当に拭くと白い筋が目立つため、プロもやっている基本の拭き方をマスターしてください。

  1. 縦に丁寧に拭いていく
  2. 拭き筋が気になったら再度縦に拭く
  3. 下から周りをぐるっと1周拭く

特に難しい決まりはありません。

この拭き方がプロの現場でも使われている最もキレイに拭き上げられる方法です。

内窓を拭くときも同じです。

もちろん、これはあくまで基本なので自分なりにキレイに拭き上げられるならそれでOKです。

タイヤワックスはお好みで

タイヤワックスは好みもあるため、やりたい人はやるという程度で良いでしょう。

スプレータイプのタイヤワックスはあまり離してスプレーするとボディについてしまうため、10cm程度の場所はら軽く数箇所にスプレーし、タイヤワックス専用のスポンジでまんべんなく伸ばしましょう。

ホイールに付いてしまった場合は、汚れてもいいウェスで拭き取ってください。

6.ワックスまたはコーティング剤で保護

最後にワックスまたはコーティング剤を使うとキレイな状態を長く保つことができます。

ワックスよりコーティング剤がおすすめ!

ワックスは安いですが、保護力や持続力が短いため筆者はワックスはあまりおすすめしていません。

ワックスとコーティング剤の違いは「車の市販コーティング剤おすすめ5選!洗車手順や使い方・頻度も合わせて紹介!」でまとめているので参考にしてください。

簡単なのはスプレー式のコーティング剤です。

市販でも通販でも販売していて、値段も本格的なガラスコーティング剤に比べるとお手頃。

いろんな種類がありますが、コスパ重視ならスマートミストがおすすめ。

詰め替えタイプもあって経済的です。

簡単なガラス系コーティングを探しているならペルシードも人気ですよ。

濡れたままのボディにそのままスプレーして拭き取るだけのお手軽コーティング剤です。

7.車内の掃除

最後に車内清掃です。

必要な道具

  • 汚れてもいいウエス
  • マイクロファイバークロス2枚(乾いたもの、濡れたもの1枚ずつ)
  • 掃除機

汚れてもいいウエスはステップなど汚れの酷い部分に使います。

クロスは内窓とパネルなどを拭く時に使用。

室内を掃除するときのポイント

  • 最初に室内の大きなゴミや荷物は外に出してしまう
  • フロアマットも全部はずして外に出す
  • 掃除機で吸い込んで困るものは予め片付けておく

とにかくスムーズに掃除するため、車内に置いてあるものやフロアマットは車外に出してしまいましょう。

車内の掃除の手順

  1. ステップなど汚れの酷い部分を拭く
  2. 内窓を拭く
  3. 掃除機をかける
  4. 最後にパネルなどを拭き上げる

ステップなど汚れの酷い部分は先に拭いてしまいましょう。

そのあと内窓を拭いていきます。

内窓は意外と汚れているので、先に濡れたクロスで拭き、その後乾いたクロスで拭き上げます。

掃除機は運転席→右後部座席→トランク左後部座席→助手席の順でかけていきます。

座席は必ず前後に移動させながら普段見えない部分や隙間も掃除していきましょう。

パネル類はプラスチック製が多く静電気でホコリがつきやすいので、掃除機をかけたあと、最後に拭き上げるようにしましょう。

まとめ

今回は、プロとして洗車していた筆者が自分の知識も交え洗車の基本的なやり方や道具の選び方を紹介しました。

洗車機は簡単ですが、車を大切にしたい場合はおすすめしません。

セルフ洗車は以下の2つがあれば誰でもできます。

  • 必要な道具
  • 洗車場所

洗車前の注意事項にも気をつけておいてください。

  1. 高圧流水・ジェットを多様して汚れを飛ばそうとしない!
  2. 快晴の炎天下で洗車は危険!
  3. いきなりスポンジでこするのはアウト!
  4. ボディから洗い始めない!

洗車道具は高額なものばかりを選ぶ必要はありません。

使いやすいリーズナブルなものを選んでくださいね。

洗車の大まかな流れは以下の通りです。

  • 洗車準備 5分
  • タイヤ・ホイールを洗う 10分
  • ボディ・ウィンドウを洗う 20分
  • しっかりと洗い流す 10分
  • 拭き上げ 30分
  • ワックスまたはコーティング 15分
  • 室内の清掃

特に難しいことはありません。

家の掃除と大差ないと思ってください。

ただし、ホイールについたサビやボディについた虫や鳥のフンなどは、無理にこすって落とさず、専用の洗剤で落としてくださいね。

また、仕上げはワックスよりコーティング剤をおすすめします。

本格的なセルフガラスコーティングに興味がある場合は、「ピカピカレイン」という本格的なコーティング剤もおすすめですよ。

ピカピカレイン公式サイト

車の保険を少しでも安くしたいなら見るべきページはこちら!

実践!車の保険料を一瞬で簡単に安くする見積り方法はコレ! 

最後までご覧いただきありがとうございます!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク