ディーラーや自動車販売店で新古車(未使用車)がある理由と仕組みを紹介!安く購入できる方法も!

こんにちは!

新古車(未使用車)ってなんで存在するのか知っていますか?

実は新古車(未使用車)がある理由はいろいろ。

この理由を知っていれば、欲しい新古車(未使用車)をどうやったら、”より簡単に安く買えるのか?”まで、わかってきますよ。

ってことで今回は、

  • ディーラーで新古車(未使用車)がある理由と仕組み!
  • 希望の新古車(未使用車)を簡単に安く購入できる方法!

主にこの2つについて紹介します。

もし、すでに欲しい新古車が決まっているなら、「無料で希望の中古車(新古車)を未公開在庫の中からも探してくれるサービス」を利用するのがおすすめです。

新古車(未使用車)は球数が少ない上に、普通車はさらにレア。

なかなか見つかりませんよね。

これを見つけるためには、中古車の専門店に問い合わせるのが近道です。

もちろん見つけるだけなら無料で行ってくれますよ。

最初はめんどくさいかもしれませんが、自分で車屋を回るよりははるかにラクなのでぜひためしてみてください。

今すぐガリバーで新古車(未使用車)を探してもらう!

チャットのみ!LINE感覚で新古車を探してもらうなら「クルマコネクト」

スポンサーリンク

実は新古車(未使用車)は「中古車」なんです!

新古車(未使用車)は、ディーラーなどでナンバー登録がされています。

一度ナンバー登録されると、法律上では「中古車」扱いになります!

「新車」と思われがちですが、あくまでも「中古車」ですよ~。

新古車(未使用車)とは?

ナンバー登録が済んでいて、すぐに販売に出されたり、走行距離もほとんど走っていない新車と同じような状態の車のことです。

馴染みのある呼び方の「新古車」ですが、新古車と言ってしまうと、購入者が「新車」と勘違いしてしまうこともあり、正式には「登録(届出)済未使用車」と表現されています。

新車と新古車(未使用車)と一般的な中古車の違いは?

新車も新古車(未使用車)も、状態で言うとほとんど違いはありません。

この2つの違いは、ナンバー登録がされているか、されていないかの違いだけ。

新古車(未使用車)は、ディーラーが登録し保管しているので、状態よく保てていてそこまでの使用感がありませんが、中古車は、一旦他の誰かが使用し、車の買い換えなどで手放した、売却した車です。

キズが付いていたり、走行距離が多かったり、修復歴・喫煙歴があったりと様々です。

ディーラーや自動車販売店で新古車(未使用車)がある理由は?

ディーラーや自動車販売店で新古車(未使用車)を目にすることってありますよね?

では、なぜ新古車(未使用車)が置いてあるのか?

これには、販売店側のいろいろな理由がありました!

ディーラー店舗や販売店の販売実績が欲しい!

ディーラーや販売店では、販売実績に応じて販売奨励金という報酬が各メーカーから受け取れます。

欲しいですよね!

しかし、目標台数(販売ノルマ)に届かない時…。

ディーラーや販売店が目標台数をクリアするために、在庫として残っている車を自社で購入し、ノルマを達成&販売実績をあげてしまうのです!

各メーカーの販売実績を作りたい!

メーカーが販売実績にこだわる場合もあります。

メーカーの販売(登録)台数を稼ぐために、登録した車をディーラーや販売店において、新古車(未使用車)として販売することがあるんです。

売り上げを計上したい!販売数No.1の称号が欲しい!

各メーカーが競い合っている販売台数。

「○年連続!売上No.1」というフレーズをCMでも聞いたことがありますよね。

上でも書きましたが、販売台数を達成するためにディーラーなどが購入し、自社の売り上げを計上し、販売台数No.1を目指しているのです!

完成検査修了証の期限切れ間近だから

工場から出荷される際に発行されるのが「完成検査修了証」です。

この書類があれば登録可能ですが、この証明書の有効期限は9ヶ月。

それを過ぎてしまうと、もう一度検査をしなければならず、登録に時間がかかってしまいます。

なので、期限が切れる前に登録し、ディーラーや販売店側は新古車(未使用車)として置いていることも!

新古車(未使用車)専門店とディーラーなどの間での業者間取り引き

最近では、「新古車(未使用車)専門店」を名乗る販売店が増えています。

通常はネットオークションなどで仕入れる場合がほとんどですが、直接ディーラーから安価で仕入れていることも!

そうすることで、ディーラーは店舗での在庫数が減り、専門店は安く仕入れて販売利益をあげられる。

おたがいが好条件で業者間取り引きできるんです。

展示車用

展示車用の車も展示が終わるとそのまま新古車(未使用車)として、販売することも。

家電量販店で「展示品限り」とかで安く売られているPCとかと同じ感じですかね。

試乗車用

試乗車用として登録された車もそのまま新古車(未使用車)として販売されることがあります。

試乗車の場合、少し距離は走っているかもしれませんが、ディーラーでしっかりメンテナンスされているので質は悪くありません。

新古車(未使用車)は一般に軽自動車が多いですが、試乗車落ちは普通車も出回るので、普通車の新古車(未使用車)を狙うなら試乗車だった車を狙うのがおすすめですよ。

(軽自動車が多い理由は下で紹介しています。)

発注ミスやキャンセルで仕方なく?

購入者がどうしても購入出来なくなりキャンセルになってしまった車や、人為的なミス(発注ミス)で、新古車(未使用車)として販売される場合もあります。

新古車(未使用車)に軽自動車が多い理由は3つ

ディーラーや販売店で見かける新古車(未使用車)は、普通車よりも軽自動車が多い。

その理由を紹介します。

1.軽自動車は登録が簡単!

普通車だと、車庫証明や登録などで日数がかかってしまいますが、軽自動車は各都道府県にある「軽自動車協会」で登録が可能。

車庫証明が必要ない分、登録が簡単なんです。

2.維持費が安い!

普通車にかかる税金や維持費に比べると、軽自動車は安い!

年1回の自動車税で考えても、おおきな金額の違いが!

車種 1年間の税金
普通車(1500cc~2000ccクラスで換算) 39,500円
軽自動車(高い方で換算) 10,800円

ディーラーが登録していても、一般と同じように税金はかかります。

売れるまではディーラーや販売店がこの税金を払うため、安い方が嬉しいというわけです。

3.安く販売できる車が多いからすぐに売れる!在庫になる心配なし!

軽自動車の需要は増加傾向にあります。

軽自動車が人気の理由としては、

  • 維持費が安い
  • 女性でも運転しやすい
  • 小回りがきく
  • 広々とした車内(最近は特に)

などなど。

そのため、新古車(未使用車)で置いておいてもすぐに売れ、長期間在庫になることがほとんどありません。

スポンサーリンク

普通車の新古車(未使用車)を効率よく探すには?

軽自動車と違い、なかなか出回らないのが普通車の新古車(未使用車)です。

普通車が欲しいときはどうすればいいのか?

それは普通車の新古車(未使用車)が出回る時期を狙ってください。

  • フルモデルチェンジ時期
  • マイナーチェンジ時期
  • 決算時期(3月)

などがおすすめ。

この時期は、販売実績を出すために、ディーラー自ら購入・登録し新古車(未使用車)としてお得に売る販売店が出てきます。

また、決算後の4月~5月も狙い目。

決算期に販売台数を稼ぐため試乗車として使っていた車を新古車(未使用車)として販売し始めます。

ナビなどのオプションが装備されているなど、お得な新古車(未使用車)が見つかる可能性も!

近くのディーラーに問い合わせてみると、タイミング次第ではお得に買えるかもしれません。

もっと確実に普通車の新古車を探したいなら、大手でかんたんにネットで新古車(未使用車)も探せる「ガリバー」などを使うのも一つの手ですね。

筆者は電話が苦手なので、LINEのようにチャットのみで車を探せる「クルマコネクト」で新古車を探す方法がおすすめです。

去年(2018年)の夏に販売と同時に売り切れて、最長1年待ちと言われていたスズキの新型ジムニーもクルマコネクトなら、納期を待たずに見つけることができました。

新古車(未使用車)などレアな車を見つけるなら、このあたりのサイトを活用するのが発見の近道です。

今すぐガリバーで新古車(未使用車)を探してもらう!

チャットのみでオペレーターに新古車を探してもらうなら「クルマコネクト」

新古車(未使用車)のメリット

新古車(未使用車)のメリットはなんと言っても、

  • キレイで走行距離が少ない
  • 新車より安い!

さらに、

  • 納車までの早さ
  • 新車購入時にかかる保険や税金がかからない(※ただし、販売店によっては未経過期間分の保険料として請求されることもある)

など様々。

登録時に車検も済んでおり、初回の重量税なども発生しません。

また、在庫として置いてあるので名義変更などの手続きが済んでしまえばすぐに納車されます。

新車だと、注文してから手元に届くまでに1ヶ月~3ヶ月程度かかります。

新しい車には早く乗りたいし、毎日の交通手段として利用している人ならなおさら納車は早い方が嬉しいですよね。

新古車(未使用車)のデメリット

お得感のある新古車(未使用車)ですが、デメリットもあります。

  • メーカーオプションがつけられない(ディーラーオプションは追加可能)
  • 在庫にあるカラー・車種のみ選べる
  • 人気のものは品薄状態
  • 車検までの期間が短いのもある
  • 値引きは期待できない

など。

新車なら、自分で選んでメーカーのオプションをつけることができますが、新古車(未使用車)はディーラーのオプションでしか追加できません。

人気の車種やカラーは、すぐに売れてしまい、自分の欲しい車を希望の金額では見つけにくいというデメリットも。

また、長期間在庫として残っていた車は、車検までの期間が短くなっている場合もあります。

購入前にはその辺りもチェックしましょう。

さらに、ディーラーで新古車を買うなら、ほとんど値引きはできません。

値引きも考えているなら、ディーラーではなく、新古車専門店や「ガリバー」のような中古車店で探しましょう。

質が良くて安い新古車(未使用車)の基準を紹介!

安くて新車同様の車として人気の高い新古車(未使用車)ですが、中には新車価格とほとんど変わらない値段で売られているものも…。

質の良い新古車(未使用車)をできるだけお得に安く選ぶには?

その基準を紹介しましょう。

新車価格から20万以上安い車

新古車(未使用車)を購入する場合、その車の新車価格より安くなっていることは大前提です!

新古車(未使用車)は、在庫のみの車なので、グレードやメーカーオプションは選べません。

装備されている内装・オプションをじっくり考慮してみて、購入予定の新古車(未使用車)と新車価格を比べ、20万円以上の差があればお買い得です!

ディーラーの展示車

ディーラーの展示車が展示後に新古車(未使用車)として売り出されることがあります。

電化製品の「展示品限り」で安くなるイメージですね。

展示されている車なので、顧客の購入意欲を高めるためにも、車内・車外はとてもキレイにされていたり、内装やオプションも充実しています。

また、走行距離も伸びておらず車の状態も良いのが特徴。

展示車は、高いグレードの場合も多いので狙い目です!

これを狙うためには、行きつけのディーラーを作っておく必要がありますね。

ディーラーの試乗車

購入する前に乗り心地を試すための車が試乗車です。

一般的な中古車と比べ、走行距離が短く、整備もきちんとされています。

実際に試乗して近隣を走行するので、使用感が気になる方もいるかもしれませんが、ディーラーで管理されている車なので中古車のような不具合の心配もありません。

年式も新しいため、自分が購入したい車が試乗車の場合は交渉してみるのも1つの手ですね。

悲報!ディーラーの新古車(未使用車)は値引きされない…

新古車(未使用車)は、新車価格から既に値引きされた状態で販売されています。

つまり、それ以上安くして!というのは難しいんです。

長期間在庫として残っている場合や、決済時期の処分として値引きされることもありますが、期待できるほどの値引き額にはならないでしょう。

実際に筆者が中古車ディーラーに行って確認しました。

「ちょっと安くしてって言ったらできますか?」

という問いに対して、

せいぜい1~2万円程度の値引きしか見込めないという回答が…。

せめて5万くらいは値引きできると思っていたのでちょっとびっくりしました。

じゃあ、もっと安く買う方法はあるのか?

調べた結果、希望通りの新古車(未使用車)を安く賢く購入する方法は2つありました!

その方法は下でチェック。

ディーラーで新古車(未使用車)をお得に購入する方法はあるのか?

ディーラーで新古車(未使用車)をお得に賢く買う方法と手順から紹介します。

  1. 今の自分の車の一番高い売価を把握
  2. ディーラーで今の車の下取り査定をしてもらう
  3. 調べておいた「一番高い売価」をディーラーに提示
  4. 下取り価格がかなり高くなる

つまり、値引きできない新古車(未使用車)を無理に値引きしようとするのではなく、今の車の下取り価格を上げてもらうことで、支払総額を減らそうという方法です。

これが意外と…かなり効果があります。

筆者の家では2019年2月にスズキ・クロスビーを購入しました。

その時下取りに出したトヨタ・サクシードがディーラー査定で当初70万だったのが、一括見積りで出た最高値の100万を提示したところ、90万にまでアップしました。

一瞬で20万円のアップ。

その時筆者が使った一括見積りは、ズバット車買取比較でした。

もちろん、見積りサイトは他にも、

などがあります。

どれを使ってもかまいません。

ちょっとレアな車だったり、マニアが喜ぶ車なら、オークション形式で価格が上がる、

ユーカーパック

がおすすめです。

とにかく自分の車の価値を把握し、ディーラーと交渉することで支払額を大幅に抑えることができるという方法です。

希望通りの新古車(未使用車)をできるだけ安く購入する裏ワザ

下取りできる車が無い場合もありますよね?

新古車(未使用車)自体を安く買う方法は?

そんなときは、新古車専門店や「ガリバー」のような中古車店に問い合わせてみる方法が一番!

理由は、

  • 値引きしてくれる
  • ディーラーより球数が豊富
  • 業者専門のオークションなどからも紹介してくれる

など。

ディーラーでは、ほぼ値引きしてくれない新古車(未使用車)。

ですが、中古車店は在庫を抱えたくないので売れるときに、値引きしてでも売ってしまいたいという本音があります。

また、幅広くメーカーを扱うため市場も広く、新古車(未使用車)の球数も多くなります。

実際、ガリバーの運営している、チャットで車を探してもらえる「クルマコネクト」で新古車を探したところ、驚きの安さで新古車(未使用車)が転がっていました。

こちらはワゴンRです。

装備品は、ナビやドライブレコーダーなど。

フロアマットももちろん付いています。

これを新車で見積りをすると、安く見積もってもこうなりました。

総額161万円。

新車との差額は17万円。

さらに新車は税金などがプラスされます。

車種は気にしないからもっと安いのは?と探しているなら、こんなのもありました。

同じようなオプションを付けて新車で見積もりすると…。

36万円以上の価格差。

もちろん、これらはほんの一部の検索結果なので、もっと安い新古車(未使用車)を探したい人は、以下のリンクからどうぞ。

→電話ですばやく新古車情報を知りたいなら「ガリバー

→チャットでじっくり探したいなら「クルマコネクト

ちなみに新車価格と比較したいなら、下のリンクから各メーカーの見積りページに行けます。

ぜひ参考に使ってください。

まとめ

今回は、

  • ディーラーで新古車(未使用車)がある理由と仕組みを紹介!
  • 安く購入できる方法も!

についてまとめてみました。

新古車(未使用車)=中古車

ですが、新車のようにキレイで新車より安いという魅力は大きいですよね!

なぜディーラーや自動車販売店(中古車販売店)に新古車(未使用車)があるのか?

  • ディーラー店舗や販売店の販売実績が欲しい!
  • 各メーカーの販売実績を作りたい!
  • 売り上げを計上したい!販売数No.1の称号が欲しい!
  • 完成検査修了証の期限切れ間近だから
  • 新古車(未使用車)専門店とディーラーなどの間での業者間取り引き
  • 展示車用
  • 試乗車用
  • 発注ミスやキャンセルで仕方なく…

など、いろいろな理由が。

新古車(未使用車)は中古車なので、安くて質のいい車を探しているなら、ディーラーより中古車ショップがおすすめですよ~。

今すぐガリバーで新古車(未使用車)を探してもらう!

チャットのみ!LINE感覚で新古車を探してもらうなら「クルマコネクト」

最後までご覧いただきありがとうございます。

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク