車の買い時は消費税増税10%になる前・後どっちなのか徹底検証!

こんにちは!

2019年10月から消費税が増税され、10%になります。

通常の買い物も気になりますが、車や家のような大きな買い物は特に”買い時”が気になりますよね。

そこで今回は、

車の買い時は消費税増税10%になる前・後どっちなのか徹底検証!

についてまとめました!

車の買い替えを考えているなら、こちらの記事も参考にしてください!

【ディーラーで値引きの最高額を簡単に引き出す方法】

新車の乗り換えを考えるなら、ディーラーでしっかりと値引きしてもらいましょう!

ただ、消費税増税直前は大きな値引きは難しくなるかもしれません。

そこで、自分の今の車の査定額が重要になってきます。

ディーラーの下取り査定額はハッキリ言って非常に低めに見積りします。

なので、ズバット車買取比較で愛車の最高査定額を事前に確認しておきましょう!

ディーラーで値引き交渉のときに、「一括査定では〇〇万と査定されたんだけど?」と言うと、査定額は意外と簡単に上がります。

筆者もトヨタディーラーで実践してトヨタ・サクシードの査定額が70万から90万まで上がりました。

もしそれほど上がらなくても車体価格やオプションからさらなる値引きを簡単に引き出すことができます。

もちろん、ズバット車買取比較は完全無料で家にいながら一番高い査定額が分かります。

車の情報を入力するとすぐに買取相場価格も表示されますよ。

今すぐ自分の車の最高査定額をズバットで確認する

スポンサーリンク

車に関する消費税増税の経過処置は無い?

食品や新聞などは2019年10月を過ぎても、消費税は増税されず8%のままとなる「軽減税率」が適用されます。

その他にも、10種類の「経過処置」項目があり、この項目に当てはまり基準を満たしているものは2019年10月を過ぎても8%の消費税で計算されます。

例えば、

  • 請負工事
  • 通信販売
  • 有料老人ホーム

など、これらは基準を満たせばその分は8%の税率で計算されるものもあるんです。

ただ、残念なことに車に関する「軽減税率」や「経過処置」はありません。

車は納車日時点の税率が加算されます。

つまり、2019年10月1日以降に納車されれば、9月から話を進めていても10%の税率となってしまうのです。

増税前に!と考えている人は、新車や人気車種などはできるだけ余裕をもって早めに購入しましょう。

10%になると、車体価格に対しての消費税増税もですが、その他の登録代行手数料や納車費用、オプションにまで10%で課税されます。

金額的にはかなりの違いが出るでしょう。

消費税増税10%に伴い大きく変わる3つのポイント!

消費税増税により大きく変わる3つのポイントを紹介します。

  • 自動車取得税の廃止
  • 環境性能割の導入(新税)
  • 環境性能割にはエコカー減税が適用されない

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、1つずつ紹介しますね。

自動車取得税の廃止

今回、消費税が10%に引き上げられると同時に自動車取得税も廃止となります。

自動車取得税とは、自動車、軽自動車を買う時に、消費税などとは別にかかる税金のこと。

同じ車でも新車、中古車で金額は異なります。

例えば、新車のスズキ・クロスビーを購入したときの自動車取得税は52,800円。

結構取られます。

え?この取得税無くなるならラッキーじゃん!

と、考えるかもしれませんが、残念!

代わりの税金がちゃんと用意されているんです…(T-T)

新税!環境性能割の導入

自動車取得税の代わりに導入されるのが、「環境性能割」という税金。

”割”と付いているので、何か大幅に割り引きしてくれるのか?と期待したんですが、そうではなく、車の燃費によって税率が変わるというものでした。

課税されるタイミングは、自動車取得税と同じく、新車または中古車を買ったとき。

ただし、これまでの取得税とは違い、環境負担軽減(燃費基準達成度など)により異なります。

簡単に言うと、こんな感じ。

基準 環境性能割
電気自動車などめっちゃエコな車を買うなら 非課税
ハイブリットカーやガソリン車なら 非課税または、

2020年9月30日までは免税または1%

それ以降は2%のものもあり

古い車やこれまでの普通のガソリン車なら 2020年9月30日までに買えば2%

それ以降は3%

※取得課税が50万以下は免税。

ただし、燃費基準をクリアした車も2020年9月30日までは免税だったり、1%の加算だったりと細かい規定があります。

今回は、とりあえず2019年10月以降は燃費の良い車が税金が低い、または非課税・免除されると考えてください。

環境性能割にエコカー減税が適用されない

2009年から導入されていたエコカー減税ですが、環境性能割には適用されません。

エコカー減税とは、新車購入時にかかる「自動車取得税」「自動車重量税」さらに、「自動車税」や購入後最初の車検時の重量税が減税、または免除となる制度のこと。

自動車取得税にはこのエコカー減税が適用されていましたが、新しい「環境性能割」には適用されません。

ただ、環境性能割は車の燃費が良ければ、減税や非課税となるため、電気自動車やクリーンディーゼルなどのエコカーを買うならお得になります。

逆にこれまでエコカー減税対象だった軽自動車などは少し高くなってしまう可能性も。

詳しくは下で紹介しています。

消費税増税後の車に関するその他の費用も考察!

今回は、車の買い時は消費税10%になる前か、後か?安いのはどっちだ?という内容。

ですが、車を買ったら必ずすぐに必要になってくるガソリン代や保険料などももちろん増税対象です。

それらも考慮して考えてみましょう。

ガソリン・軽油代

ガソリン・軽油などの石油燃料は税金の影響をもろに受けてしまいます。

現在のガソリンは、

  • ガソリン税(53.8円/L)
  • 石油石炭税(2.04円/L)
  • 地球温暖化対策税(環境税)(0.76円/L)

と、税金の宝庫!

さらに税金に消費税をかけるという二重課税方式なので、

(これらの税金56.6円/L+ガソリン本体代)×1.10=ガソリン代/L

となるため、ガソリン代は消費税増税と同時に必ず上がるでしょう。

自動車保険料

保険料には基本的に消費税はかかりません。

じゃあ上がらないんだ!やった!

とはならないんです。

実は消費税が上がると自動車保険料も「値上げ」されます。

税金で高くなるのではなく、「値上げ」されるんです。

理由は、以下の通り。

  1. 消費税増税で代理店手数料なども増税される
  2. 自動車事項などの処理や修理代金も増税される
  3. よって、保険会社から支払われる保険金が増税分高くなる

つまり、保険会社から支払われる保険金は消費税増税により高くなるのに、利用者が払う保険料がそのままでは収支のバランスが崩れてしまいます。

そのため、消費税増税に伴い、自動車保険も高くなるのです。

車検費用

車検費用も消費税が10%になれば、その分上がると考えられます。

車検費用には、印紙代、自賠責保険料、重量税などが入っていますが、その他にも車検代行料や、検査費用、部品交換代なども加算され、それらももちろん増税されます。

もし、今ある車の車検を2019年10月以降に受けるなら、事前に悪い箇所の部品交換は行っておいた方が得かもしれませんね。

その他消耗品など

その他にもオイル交換やタイヤなどにも増税の影響は出てきます。

オイルなら量販店で買っておく、タイヤは10月までに用意しておいたりと、策を講じておきましょう。

車好きの間でも有名なタイヤの格安通販もおすすめです。

オートウェイで格安タイヤを探す!

消費税10%になる前と後の車の値引きを調査!

消費税10%になる前と後で車の値引きについてですが、結論から言って、

  • 消費税増税直前は大きな値引きは難しい
  • 消費税増税後は値引きもしやすい

と考えられます。

これは、増税直前の駆け込み需要と増税後の冷え込みの影響によるもの。

売れやすい時期は無理に値引きしなくても売れますよね。

逆に前回の8%増税と同様に増税後はかなり買い控えがあると予想されるので、その時に買えば値引きも頑張ってくれると考えます。

ただし、駆け込み需要を見込んでのイベント開催の可能性もあり、値引きよりそれに合わせて買い替えを検討するのもアリですね。

車の買い時は消費税増税前か後か?新車で計算してみた!

車の買い時は結局消費税増税の前がいいのか?後がいいのか?

とりあえず数字が見たいですよね。

消費税8%と10%での新車価格の違い

単純な新車のメーカー小売価格で計算しても、これだけの差額が発生します。

増税前(8%) 増税後(10%) 差額
ホンダ N-BOX G 1,385,640円 1,411,300円 25,660円損
スズキ クロスビー 2,003,400円 2,040,500円 37,100円損
トヨタ プリウス 3,284,280円 3,345,100円 60,820円損

新税!環境性能割も計算してみた!

環境性能割が導入されると、新車だとどうなるのかも計算してみました。

まず計算式と残価率などの参考資料は以下の通りです。

【計算式】

※課税標準基準額×残価率=取得価格(1,000未満切捨)

取得価格×環境性能割(非課税または1~3%)=環境性能割の税額

※課税標準基準額=新車価格の約90%として計算

【残価率一覧(自家用小型・普通自動車)】

経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年
残価率 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261
経過年数 4年 4.5年 5年 5.5年 6年
残価率 0.215 0.177 0.146 0.121 0.100

【環境性能割区分】

N-BOX G 平成32年度燃費基準 +10%達成 2020年9月30日まで非課税

それ以降1%

クロスビー 平成27年度燃費基準 +5%達成 2020年9月30日まで2%

それ以降3%

プリウス 平成32年度燃費基準 +50%達成 非課税

ちょっとわかりにくいですが、上記の資料を元に計算すると以下のような結果になりました。

【自動車取得税と環境性能割の金額の違い】

自動車取得税 環境性能割 差額
N-BOX G 3,700円 2020年9月30日まで非課税 3,700円お得
2020年10月以降 9,941円 6,241円の損
クロスビー 50,085円 2020年9月30日まで22,738円 27,347円お得
2020年10月以降34,107円 15,978円お得
プリウス 20,000円 非課税 20,000円お得

新車の環境性能割だけを見ると、安くなるものも高くなるものもありますが、車体料やその他の消費税は結局10%に引き上げられるため、総合的に見ると結局支払うお金は多くなってしまいますね。

スポンサーリンク

結論!車の買い時は消費税が増税される前!注意ポイントもあり!

車体価格や環境性能割、エコカー減税の有無などを見てきましたが、結論としてやはり車の買い時は消費税が10%になる前がおすすめだということが判明しました。

消費税増税後結局支払い総額は高くなる!

今回は車体価格と環境性能割などの単純な消費税や税金の差額を計算していますが、金額の差は意外と大きくなります。

増税前(8%) 増税後(10%) 差額 合計差額
ホンダ N-BOX G 車体価格
1,385,640円
車体価格1,411,300円 +25,660円 2020年9月30日まで

+21,960円

自動車取得税(エコカー減税対象車)

3,700円

環境性能割(2020年9月30日まで)

非課税

-3,700円
環境性能割(2020年10月以降)

9,941円

+6,241円 2020年10月以降

+31,901円

スズキ クロスビー 車体価格
2,003,400円
車体価格
2,040,500円
+37,100円 2020年9月30日まで

+9,453円

自動車取得税(エコカー減税無し)

50,085円

環境性能割(2020年9月30日まで)

22,738円

-27,647円
環境性能割(2020年10月以降)

34,107円

-15,978円 2020年10月以降

+21,122円

トヨタ プリウス 車体価格
3,284,280円
車体価格
3,345,100円
+60,820円 +40,820円
自動車取得税(エコカー減税対象車)

20,000円

非課税 -20,000円

+表示はこれまでより多く支払う金額。-表示はこれまでより少なくなった支払金額です。

このくらいなら大したことはないと感じるかもしれませんが、今回計算したのは車体価格など基本的な部分だけ。

実際には手続き代行費用やその他のオプションも増税後は全て消費税が10%で加算されるので、どの車も数万~十数万程度は高くなると考えてください。

POINT

  • 増税後は総合的に車の購入価格は高くなる!
  • 自動車取得税より環境性能割のほうが安くなる車もある
  • エコカー減税対象車の一部は環境性能割により税金が高くなる
  • エコカー減税非対称車は環境性能割により少し税金が安くなる

車の買い時はイベント時や決算期!

消費税が10%になる前が買い時ですが、さらに言うと

  • イベント時期
  • ボーナス時期
  • 決算期

これらの時期はかなり買い時です。

例えば決算期には何も言わなくても10~20万程度キャンペーンで値引きしてくれる場合もあります。

また、ボーナス時期や大型連休、七夕などのイベント時期は値引きもですが、粗品も豪華なものになります。

筆者の家は2月にスズキで新型クロスビーを購入したため、ゴディバのチョコレート詰め合わせをいただきました!

POINT

  • 増税前の車の買い時は決算期がおすすめ!
  • ボーナス時期やイベント時も買い時!
  • イベント時は粗品も期待できる!

車の「買い時」に関する注意ポイント!

消費税増税前に車を買っておくほうがお得なのはわかりましたが、ここで注意すべきポイントも!

それは、車の消費税は契約時ではなく、納車時時点の加算となる!ということ。

上でも少し書いていますが、2019年10月1日以降に納車される車は10%の消費税で計算されてしまうのです。

人気の新車を購入する場合、納車まで3ヶ月以上かかる場合も。

つまり、9月中に納車を希望する場合6~7月には本契約しなくてはならなくなります。

もし、希望の新車が現時点で決まっている場合はすぐにディーラーに問い合わせてください。

また、中古車(未使用車)などを遠方から取り寄せる場合も納車日が増税後なら10%で加算される場合が想定されます。

特に球数の少ない未使用車(新古車)は早めに探し始めましょう!

値引きしづらい増税直前でも簡単でお得に車を購入する方法を公開!

ここでは、車の買い替えを考えている人にできるだけ簡単にお得に車を購入する方法を紹介します。

車のお得な購入方法1:値引きや下取り額を簡単に引き上げる方法

ディーラーでも中古車店でも簡単に車の値引きまたは、下取り価格を上げる方法があります。

まず、次の車をできるだけ安くお得に買いたいなら、一発目からのディーラーの下取りは絶対に避けてください。

必ず車を買い取る専門店で査定をしましょう。

ディーラーはハッキリ言って査定額低いです。

価格にして、中古車買取業者の25~30万程度安いと思って良いでしょう。

ではどこが査定額高いんだ?

それは買取を専門にしている業者です。

ですが、そんな業者を1つずつ回るのは時間も労力もガソリン代もかかりますよね。

そこで、最も簡単に無料で高額査定を期待できるのがズバット車買取比較の一括査定です。

ズバットのメリットやデメリット、実際に使ってみた人の口コミなども紹介しているので、

ズバット車買取比較のリアルな口コミや評判を調査した!電話がウザいって本当?

を参考にしてください。

簡単な車の情報を入力するだけですぐに買取相場価格も分かる便利な機能も付いています。

完全無料なので、気軽に査定してもらってからディーラーに行くと、数十万の損をせずに済みますよ。

今すぐ一括査定のズバットで愛車の最高買取額を知る

車を高く売りたいならこちらもおすすめ!

車のお得な購入方法2:希望の中古車(新古車など)を簡単にディーラーより安く探す方法

実は中古車の中でも特に質の良い未使用車(新古車)は、ディーラーではほぼ値引きしてくれないって知っていますか?

中古車販売店では値引きはしてくれるものの、欲しい未使用車(新古車)が店頭にあることって殆ど無いですよね。

新古車(未使用車)の難点の一つが球数が少ないことにあります。

ですが、希望通りの新古車(未使用車)をディーラーよりできるだけ安く、簡単に購入する方法ならあります。

それは「なびくる+」や「クルマコネクト」で「希望の新古車(未使用車)を探してもらう」という方法。

これらは、あの大手中古車販売店ガリバーが提供しているサービスです。

もちろん、探してくれる中古車店ならどこを使ってもいいのですが、「なびくる+」や「クルマコネクト」は、普段私達が見ることさえできない「非公開車両」や「業者専用のオークション」からも車を探して、優先的に教えてくれるんです。

また、未使用車(新古車)はディーラーよりガリバーなどの中古車販売店のほうが確実に値引き額は高くなります。

もちろんネットサービスの「なびくる+」、「クルマコネクト」も同じ。

ディーラーの強みである保証関係もガリバーのサービスならカバーできます。

特に新古車(未使用車)は人気な割に球数が少ないため、近場で妥協して買うより一般に公開していない車や全国から手っ取り早く探してきてもらいましょう!

→電話で手っ取り早く車情報を知りたいなら「なびくる+

→電話は苦手!じっくり探したいなら「クルマコネクト」にチャットする!

まとめ

消費税が10%になれば、結局支払う総額は高くなる!

ということで、

新車・中古車(未使用車)ともに買い時は増税前!

という結論になりました。

【消費税増税に伴う変更点】

  • 自動車取得税の廃止
  • 環境性能割の導入(新税)
  • 環境性能割にはエコカー減税が適用されない

消費税が10%になると…

  • 増税後は総合的に車の購入価格は高くなる!
  • 自動車取得税より環境性能割のほうが安くなる車もある
  • エコカー減税対象車の一部は環境性能割により税金が高くなる
  • エコカー減税非対称車は環境性能割により少し税金が安くなる

増税前の特におすすめの車の買い時はここ!

  • 増税前の車の買い時は決算期がおすすめ!
  • ボーナス時期やイベント時も買い時!
  • イベント時は粗品も期待できる!

ただし、車は納車時点の税率で計算されるため、人気車種や遠方からの取り寄せにより納車が遅くなる場合は早めに買い換えを検討しましょう! 

また、増税直前は駆け込み需要により黙っていても車は売れるため、値引きはキツくなると予想されます。

そこで、時期に関係なく車を最大限お得に購入する方法を使ってください。

やり方は、「売却または下取り予定の今の愛車の最高査定額を知っておく」という非常に簡単な方法です。

「他の査定では〇〇万だった」とディーラーや中古車販売店に伝えれば、査定額は簡単に上がります。

そして査定の最高額が出やすいのがズバット車買取比較で一括査定してもらう方法です。

もちろん査定会社ならどこを使ってもいいのですが、ズバットは査定時の情報入力が非常に簡単で、申込み後すぐに自分の車の相場査定額を確認することができる便利なサービスです。

もちろん無料なので、10万円以上の損…なんてことになる前に面倒くさがらず、試してみてください!

一括査定のズバット公式サイトで愛車の最高買取額を知る!

また、中古車の中でも探しにくい未使用車(新古車)やちょっとレアな車を探したいなら、

なびくる+」や「クルマコネクト」を活用してみてください!

これらはディーラーや中古車店では出てこない「非公開車」から欲しい車を無料で見つけてくれるサービスです。

→電話で手っ取り早く車情報を知りたいなら「なびくる+

→電話は苦手!じっくり探したいならチャットのみで探せる「クルマコネクト

最後までご覧いただきありがとうございました!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク