【冬の車のバッテリー上がり対処法】充電方法とつなぎ方の順番・時間の目安をわかりやすく紹介!

こんにちは!

寒い季節がやってきました…。

車に乗っても、早く温まれー!!と思ってしまいますよね(゜д゜;)ガクブル

そして、この時期から段々増えていく車のがトラブルです。

その中でも特に多いのがバッテリー上がり。

エンジンかけようとしたけどかからない!

これは非常に焦ります…。

特にお出かけ前や出先の駐車場なんかでバッテリー上がりになると本気で困りますよね。

でもそんなときに自分でできる対処法を知っていれば、全く問題ありません。

むしろ女性でも知識さえあれば簡単にできるので、ぜひ!

もとガソリンスタンドや車業界に勤めていた私(女)が言うんだから間違いありません(笑)

ということで、今回は、

【冬の車のバッテリー上がり対処法】充電方法とつなぎ方の順番・時間の目安をわかりやすく紹介!

この内容をできるだけ分かりやすくまとめてみました。

また、バッテリー上がりもそうですが車のトラブルっていきなりやってきます。

家ならまだどうにかなりますが、これが高速道路や郊外の人気の無い道路だったら…。

想像してみてください。

立ち往生して、不安で、どうしよう…ってなりませんか?

そんな時に電話一つですぐに駆けつけてくれるのがロードサービスです。

特に有名なJAFなら、全国365日昼夜問わず対応してくれ、会員はサービスも無料。

非会員は非常に高額な作業料と出張料が請求されてしまいます。

服を一着買う程度の年会費で、安心と作業料の節約ができるなら入っておいて損はないですよね!

今すぐ年中無休・無料のJAFに入会する

スポンサーリンク

バッテリー上がりを見分けるには?

さあ、出かけるぞってときに車のエンジンがかからない…。

壊れた!?と、焦る方もいるかもしれません。

でも落ち着いてください。

ただのバッテリー上がりかもしれませんよ。

まずは何かの故障なのか、バッテリー上がりなのかを簡単な方法でチェックします!

【バッテリー上がりチェックシート】

エンジンがかかる セルモーターが回る 室内灯/表示がつく 疑われる原因
× × × バッテリー上がり
× × セルモーター故障
× ガス欠
× 燃料タンク損傷

基本的には上のチェックシートに当てはまるかどうかで、バッテリー上がりか違う原因かを見分けることができます。

エンジンをかけようとしたとき、

  • エンジンがかからない
  • セルモーターが回らない(最初のキュルルやブロロという音がしない…シ~ン)
  • 室内灯やパネルの表示が全くつかない

この3つに該当する場合はバッテリー上がりを疑っていいでしょう。

バッテリー上がりってどんな状態?故障なの?

車のエンジンをかけようとしたのに、ウンともスンともいわない。

故障!?なんて思うかも知れませんが、バッテリー上がりは故障とは違うので安心してください。

車は停車中でも走行中でもエンジンがかかっていればバッテリーに充電されます。

ですが、充電量を超える電気が消費されると、蓄えられた電気が尽きてしまいます。

これがいわゆる“バッテリーが上がり”です。

故障ではありませんよ。

バッテリー上がりの原因は?

バッテリーに充電された電気が無くたった状態がバッテリー上がり。

では、その原因は?

原因は色々考えられますが、たとえば、

ライトをつけたままエンジンを停止させ放置した

半ドアで室内灯がついたまま放置した

長年動かすこと無く車を放置していた

このような場合にバッテリー上がりとなります。

これらに思い当たるところがあり、エンジンがかからない場合はバッテリー上がりと判断してもいいと考えます。

状況別!バッテリーあがりの対処法

バッテリー上がりは自宅ばかりで起きるものではありませんよね。

外出先の駐車場で起こる可能性もあります。

そこで以下のような状況別にバッテリー上がりの対処法を紹介しましょう。

  • ブースターケーブルがある場合
  • ブースターケーブルは無いがバッテリー充電器がある場合
  • ブースターケーブルもバッテリー充電器も無い場合

ブースターケーブルがある場合

自宅や車にブースターケーブルがある人も多いかもしれません。

ブースターケーブルとは下の画像のようなやつですね。

通常の車用なら価格もお手頃なので一つ用意して車に積んでおくことをおすすめします。

価格や長さなど詳しい情報は下の画像をタップすると確認できますよ。

ブースターケーブルがある場合は、「ジャンピングスタート」という方法でまずエンジンをかけます。

【ジャンピングスタートとは】

バッテリー上がりした車の電圧と同じ、またはやや大きいバッテリー容量の車(救護車)に電気を分けてもらい、エンジンをかける方法です。

この時必要となるのがブースターケーブル。

ケーブルと救護車さえあれば自分で比較的簡単にエンジンをかけることができます。

ただし、ジャンピングスタートにはキッチリと守らないといけないつなぎ方の順番や手順があり、これを間違えると危険なので、間違えずに作業してくださいね。

ジャンピングスタートの手順とつなぎ方の順番や充電時間の目安などの詳しい説明は下の「ブースターケーブルのつなぎ方」などを参考にしてみてください。

ブースターケーブルは無いがバッテリー充電器がある場合

いざという時のために、バッテリー充電器を用意している人もいるかもしれませんね。

バッテリー充電器は、バッテリーと充電器をプラグでつなぐことで直接バッテリーを充電できる下の画像のような機械のことです。

詳細は下の画像をタップすると確認できます。

画像のバッテリー充電器はフルオートで充電してくれる簡単タイプ。

しかもバイクにも車にも対応しています。

ブースターケーブルと比べて少し価格が高めの分、オールマイティーに使える充電器を用意しておくのもいいかもしれませんね。

もう一つ非常に便利なバッテリー充電器があったので紹介しておきます。

この充電器、様々な車のジャンプスターターとして使用できるだけでなく、なんとスマホやタブレットの充電器としても使用できるんです。

急なトラブルや災害時にも使用できてスマホにも対応してるなんて…私これ欲しいです!(笑)

価格もこれだけの機能が付いているなら高いと感じませんでした。

詳細は下の画像をタップすると見ることができますよ。

これらのバッテリー充電器があれば、救護車が無くても自分でバッテリーの充電が可能です。

こちらも繋ぎ方は下の「ブースターケーブルのつなぎ方」とほとんど同じなので参考にしてください。(各充電器により充電方法は異なるため、説明書を読みながら充電してください)

ブースターケーブルもバッテリー充電器も無い場合

ブースターケーブルもバッテリー充電器も無い場合は、専門業者に依頼してエンジンをかける、または、充電をしてもらうことができます。

専門業者と言っても、近くのガソリンスタンドやカーディーラー、整備工場など、車を扱っているお店ならだいたい対応してくれます。

私もガソリンスタンドに勤めていたことがあるので、お客さんから電話があった時はケーブルか充電器を代車に乗せて出張していましたね。

普通車とかなら簡単なんですが、軽トラや外車だとバッテリーの位置やボルト数が違うため慣れないうちは何度か苦戦したのを覚えています(笑)

ちなみに近くのガソリンスタンドに出張で来てもらうう場合、

  • 出張料 1000円程度
  • 充電 1000円~2000円

合計 2000円~3000円

程度あれば充電可能です。

私の勤めていたガソリンスタンドでは2,000円で全部やっていましたよ。

ただし、高速道路のPAなど街から離れた場所でバッテリー上がりが発生した場合、対応はJAFなどのロードサービスになってしまいます。

会員になっていない場合はちょっと高額!

バッテリー上がり対応は

12,880円~

しかもこれは昼間のしかも一般道での価格です。

夜間の高速道路になるとさらに高額になり、かなり痛い出費となってしまいます。

そうならないために、ケーブルなどを車に常備しておくか、ロードサービスに加入しておくことを強くおすすめしますよ。

特にJAFに加入しておけば、バッテリー上がりだけでなく、

  • タイヤのトラブル
  • キーのとじ込み
  • 燃料切れ
  • 予期せぬトラブルによる牽引

などのサービスが、いつでもどこでも全て無料で受けられます。

実際、ガソリンスタンド時代には車のトラブルでどうしていいか分からず立ち往生して、やっと行きつけのガソリンスタンドに電話してきた方も多く見てきました。

立ち往生して、不安な思いをして、高い作業料を支払うよりはしっかりと備えて自分も家族も安心出来たほうがいいですよね。

自分の健康に対する保険と同じように、車のトラブルにもしっかりと保険をかけておくことを強くおすすめします。(年会費は安い服一着分程度!保険料なんかよりはるかに安いですから)

今すぐ年中無休・無料のJAFに入会する

ブースターケーブルのつなぎ方の順番

ブースターケーブルのつなぎ方

ブースターケーブルのつなぎ方は簡単ですが、ちょっと間違うと引火など危険な場合もあります。

ですから、必ずこれから紹介する手順通りにつないでくださいね。

バッテリー充電器もつなぐ順番は同じなので参考にしてください。

バッテリー上がり対処の前準備

まず、ブースターケーブルを使う場合は、救護車を用意します。

自宅なら、家にある他の車でもいいですし、駐車場などの場合は近くの車の方にバッテリーをつながせてくれるよう、お願いしましょう。

このとき、普通車なら普通車の方にお願いするのが間違いなく充電できます。

トラックのバッテリーは24Vを使用しているものがほとんどなので、軽や普通車の場合は避けてくださいね。

  1. 救護車をケーブルが届く範囲に停車させる
  2. 救護車のエンジンを停止
  3. ライトや室内灯などが全て切れているか確認
  4. ボンネットを開ける
  5. 自分の車(バッテリー上がりした車)もボンネットを開ける
  6. できれば怪我防止のため、軍手や電気を通さないゴム手袋を着用

これで前準備はOKです。

バッテリーのつなぎ方の順番

前準備が整ったところで、実際にバッテリーをつないでいきましょう。

以下の手順通りに行ってください。

  1. 自分の車(バッテリー上がりした車)のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを繋ぐ
  2. 救護車のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを繋ぐ
  3. 救護車のバッテリーのマイナス端子に黒いケーブルを繋ぐ
  4. 最後に自分(バッテリー上がりした車)のバッテリーからなるべく離れた車の金属部分に黒いケーブルを繋ぐ

【注意】

黒いケーブルを自分の車の金属部分に繋ぐとき、火花が発生することがあります。

充電するバッテリーに近い場所に接続してしまうと、引火やバッテリー破裂の恐れもあるため注意が必要です!

バッテリーに違い場所や充電するバッテリーのマイナス端子には、絶対に接続しないでください!

つなぎ終えたら充電開始です。

スポンサーリンク

ブースターケーブルでのエンジンスタート

バッテリー同士を正しくつなぎ終えたらエンジンスタート&充電開始です。

エンジンスタート方法

バッテリー上がりした車のエンジンをかけるのは簡単です。

  1. 救護車のエンジンをかける
  2. 救護車のアクセルを軽く踏み充電開始
  3. 数分後自分の車(バッテリー上がりした車)のエンジンをかける

これでバッテリー上がりした車のエンジンはかかりました。

エンジンがかかったからといって、安心してエンジンを切らないでくださいね!

エンジンはかけたままにしておいてください!

これでもエンジンがかからない場合は、バッテリーの劣化、または、発電機などの故障が考えられるため交換が必要となります。

バッテリーの大体の価格帯や詳細を詳しく知りたい方はしたの画像をタップすると見ることができます。

エンジンが無事かかったらこのあと充電ですが、その前につないだケーブルを安全に取り外す手順も紹介します。

ブースターケーブルを安全に取り外す順番

エンジンはまだ切らないでくださいね。

ブースターケーブルを安全に取り外すには、つないだ順番と逆の手順で取り外していきます。

  1. 自分の車(バッテリー上がりした車)の黒いケーブルを外す
  2. 救護車のバッテリーのマイナス端子の黒いケーブルを外す
  3. 救護車のプラス端子の赤いケーブルを外す
  4. 自分の車(バッテリー上がりした車)のプラス端子の赤いケーブルを外す

これで、ケーブルを安全に取り外すことができました。

エンジンがかかっているので一安心です。

救護車の持ち主にはお礼を言っておきましょう♪

ではいよいよバッテリーの充電です。

バッテリーの充電方法と充電時間の目安

エンジンもかかったので、あとはバッテリーの充電ですね。

バッテリーの充電方法は非常に簡単です。

充電されるまで走行してください。時間の目安としては、1時間です。

時間が短すぎるとしっかり充電されないため、必ず1時間、またはそれ以上の走行をおすすめします。

ただし、これはあくまで応急作業です。

バッテリー自体が劣化していたり、他の箇所の故障も考えられるため、充電ドライブついでにディーラーやガソリンスタンド、修理工場などに行きバッテリーの点検をしてください。

ディーラーなどには、バッテリーの電圧を測る機械があるためバッテリーの劣化などはすぐに分かります。

劣化が見られると診断された場合は、またすぐにバッテリー上がりを引き起こしてしまうため、できるだけ早い交換をおすすめします。

まとめ

車が非常に身近になっている現代。

いざ車に乗ろうと思うとエンジンがかからないって結構焦ります。

特に外出中なんかには、本気で冷や汗が出たりしますよ。(経験あり)

そんな時ブースターケーブルやバッテリー充電器を車に常備しておくと非常に心強い!

【つなぎ方の順番】

  1. 自分の車(バッテリー上がりした車)のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを繋ぐ
  2. 救護車のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを繋ぐ
  3. 救護車のバッテリーのマイナス端子に黒いケーブルを繋ぐ
  4. 最後に自分(バッテリー上がりした車)のバッテリーからなるべく離れた車の金属部分に黒いケーブルを繋ぐ

エンジンをかけて、ケーブルを安全に外す際は、つなぐ時とは逆の順番(4→3→2→1)で外してください。

その後、一定時間以上走行することでバッテリーを充電できます。

時間の目安は1時間か、それ以上。

バッテリー充電器の場合は、各充電器の説明書などに従ってくださいね。

こちらの充電時間の目安は30分程度。

このようにブースターケーブルや充電器、救護車がいることで意外と簡単にバッテリー上がりの対処をすることができます。

ただし、これらの作業はあくまでも応急です。

バッテリーが劣化し弱っている場合もあるため、エンジンがかかったらそのまま最寄りのディーラーやガソリンスタンド、整備工場に行ってバッテリーチェックを行ってくださいね。

また、車の思わぬトラブルにも対応できるJAFなどのロードサービスに入会しておくのもおすすめです。

JAFなら会員は全国24時間年中無休で車のトラブルに無料で対応してくれます。

安い保険と思って入会しておくと安心ですよ。

今すぐ年中無休・無料のJAFに入会する

最後までご覧いただきありがとうございます!

本田がお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク